「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

かぬまてん 鹿沼店

釣り情報

‘20 07月03日

登録日:2020年07月03日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2020年07月03日の釣果

曇り

アユ 14 - 21 cm 合計 33 匹
釣り場 那珂川(烏山地区)
釣り人 たて

秋田県阿仁川、釣れてますねぇ

では早速行っちゃお(日帰りで)♪

と思ってたんですけどねぇ

どうも解禁2日目の夜からの増水具合が読めず、やむなく断念

というわけで

久々の那珂川釣行デス^^

ってホントは支流の荒川を狙ってまして、最初に見に行ったんですが、思ったよりも水位が低い&濁りが薄かったのでパス、烏山地区の本流へ。

朝の時点で水位は平水+30㎝といったところ、場所によっては垢が飛んでいたり、入れなかったりという感じですが、川幅の広いエリアを選べば意外とフツーに釣りができる場所はあるものです。

舘岡が狙っていたのは渇水~平水時では魚が居るのはわかっててもちょっとヤル気の起きないようなトロ場。水深が腰くらいまであればサイコー^^

が、実際は思い描いていたよりも10㎝程低い感じ。前日がサイコーだったかも!?

若干テンション下がり気味ではありますが、とりあえずスタート。基本的に魚がいるのは分かっているので、あとは魚の活性次第!

と、言ってる間に1尾目。思ったよりも早い。サイズは18㎝程。これはイケるのか?

…。

中略

…という感じで特に山場も無く、最大でも4連発くらいであとはポツポツ、で33尾でした~

開始時の予感的中、ちょっと期待しすぎましたね。残念^^;

山場?ではないですが、ゴミに引っ掛かったオトリを外しにいったら深みにハマって今期初めてスイミングしちゃいました~^^;

濁りがあるときは特に気をつけましょうね~

増水時のトロは流れの圧しも強いので、変化も少なくどこにいるかわからない魚を釣るには大き目のオモリを使ってオトリを真下に出し、横動きでスピーディーに探りましょう!

掛かる魚が黄色かったとしても特にナワバリをもっているワケでもなく、突然現れたオトリに驚いて飛び掛かることがほとんどですので、ゆっくり泳がせたり止めたりしても全く反応しないことが多いです!少しくらい追われた感じがあっても基本的にはスルー!ハイ、次!

また、狙う筋が決まることもあまり無いので、タテに引いてもこれまた反応しないことが多いです!

掛かるのは必然的に自分よりかなり下流が多くなります。戻るのが大変なので、できるだけ下がらず取り込めるタックルを。身切れ対策にもなりますのでハリは大き目が望ましいです。というか、この釣り方ほど小バリが向かない釣りも無いです。魚がもっと大きくなってきたら、8号や8.5号の4本錨がオススメ!

ではまた(^^ノシ

■ロッド:ガマカツ パワーソニック引抜急瀬95 ■仕掛:天上糸:テトロンモノ0.8号2m 水中糸:シマノ メタキングヘビー 0.07号 6m ツケ糸:上 フロロ0.5号70cm 下 フロロ0.4号30cm ハナカン:ダイワ 快適ハナカンR 5.5mm ハナカン周り:フロロ 1.2号 60cm サカバリ:ガマカツ 遊動ピットサカサ2号 ハリ:シマノ 龍の爪7.5号3本錨 7.5号4本錨 背バリ:タックルインジャパン 縦打ち背バリ(チチワ式) オモリ:ヤマワ カラーシンカー0.3号 ダイワ 鮎シンカーⅣ イエロー 2号※背バリと併用 目印:バリバス 見える目印極太8個(固定)

‘20 06月29日

登録日:2020年07月01日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2020年06月29日の釣果

曇り

アユ 15 - 19 cm 合計 53 匹
釣り場 荒井川
釣り人 たて

6月28日解禁となりました大芦川支流の荒井川ですが

28日は午前中の大雨による増水&濁りでおそらくほぼ釣りになっていなかったと思われます。

となると実質的な解禁日は…翌29日!!

というわけで荒井川へ。

基本的にオトリ販売は解禁日当日のみというところなので、オトリは大芦川方面で確保しましょう。入漁券は道路沿いに入漁券取扱所の赤いノボリが立っている民家での購入となりますので、あまり朝早過ぎない方がいいと思います。

7時30分頃に川へ到着。前日の濁りはほとんど無くなっています。主要なポイントには既に車が止まっていた為、何ヶ所か回って入ったのは只今絶賛復旧工事中の某橋上流ですが、エリア的にはある程度放流されているハズということでスタート。

とりあえず鮎の姿が少しだけ確認できた瀬落ちから開始、直後に1尾掛かりますが空中バレ。サイズは17~18cmな感じ。反応が早かったため内心ガッツポーズしながら続行しますが、反応が消えます。下の浅場もチェックしてみますが無反応。それならと瀬の絞り込みに入れてみると即反応!これは!

その後もキツイ流れを重点的に攻めるとなかなか良い反応を得られますが、なにせ小場所な為、釣り返しはなかなか…
1時間程粘ってとりあえず10尾。反応自体は良いとはいえ、ペースとしては???

上流の瀬が空いていたため移動。岩盤の絞り込みと2段のタナ、雰囲気としては申し分無し!早速オトリを入れてみると出し掛かり&入れ掛かり!!とりあえずどんなキツイ流れでも魚は入っている様子。サイズも17cm前後でだいたい揃う感じ、しかもキレイな魚体。

キツ目の流れでの釣り返しは下流同様それほど効きませんでしたが、タナを一段降りるごとに魚影も濃い感じ。最盛期のような釣りを楽しめました^^ここまでの釣果43尾。

お昼過ぎくらいには反応も落ち着いてきたため、一応オトリをちょこちょこ入れながらスタート地点へ戻りますが、ちょうど工事が始まったようでしたので場所移動することに。

しかし車での移動となるとちょっと面倒な数の魚。あまり長い間場所探しをしていたら死んでしまいます。どうしようか?ここでやめちゃおうか?考えていると、ちょうど監視員さんが登場^^次の候補地を紹介してもらい、最短で場所移動!

とは行かず、何度か目的地を通り過ぎては引き返し…

某橋の上流部を勧められていたんですが、先行者の影が見えたため、下流へ向かってみます。
午前中のポイントよりも数キロ上流、川幅が狭いせいか若干の垢飛び気味。でも垢残りもそこそこありそうなのでむしろ狙い易いかな?

時間的には2時間程。早い段階で反応を見つけられればあと30尾位は…(^Ⅲ^ナーンテ

かなり早回しでどんどん釣り下りますが、どうやら魚影はかなり薄かったようで…

300mほど下った辺りでもうやめたくなったはいいが、対岸は山、手前は民家の敷地っぽく、川から上がる術無し><
こうなったらとことん下るしかっ

途中途中になかなか良さげな流れもあり、都度チェックしてみますがやはり反応は無し

ようやく見覚えのある道路近くに辿り着いたはいいが、上がる術がwwwww

工事業者の方達が使ったと思われるはしごはあるんですが、まさかねぇ

護岸の端っこの方になんとかよじ登れそうな場所を発見、途中土が崩れて何度目かのトライでようやく道路へ。あとはひたすらスタート地点へ道路を歩きます。今日は「防寒カッパ」こそ着てませんが、やっぱり汗だく、最近コレばっかwwwww

ということで放流河川のコワさを思い知った一日でした…ちなみに後半戦の釣果は10尾のみ><トータル53尾で終了デス

荒井川、たしかに狭いところは狭いし木も被っていますが、午前中のポイントなど下流部は開けたポイントの方が多め、強い瀬などはむしろ9mで鋭角を作った方がオトリが安定しやすくていいです。場所に応じて使い分けたいですね。

ハリが大きいと思われるかもしれませんが、瀬で追う魚をベタ竿スタイルで釣るのであれば小バリよりも圧倒的にケラレ・バレが少ないです。釣れるサイズよりも入れる流れの強さで判断した方がいいでしょう。今回は追いがそれほどではない可能性を考えて7.5号3本錨からスタートしましたが、追いが良いと判断してからは7.5号4本錨で通しました。

オトリ自身の泳力を発揮させるスタイルの泳がせ釣りで群れ鮎を釣る場合は正反対の選択となる事もありますので、自分のスタイル、釣りをする場所・状況・魚の活性とあわせて総合的な判断が大事ですね。

ではまた(^^ノシ

■ロッド:バリバス リバーストーン63 ■仕掛:天上糸:テトロンモノ0.8号1.5m 水中糸:バリバス レッドアイ(エステル)0.3号4.5m 中ハリス:フジノ AQハナカン回り糸1.2号50cm ハリ:シマノ 龍の爪 7.5号3本錨→7.5号4本錨 小沢式背バリ常用 オモリ:0.3号常用

‘20 06月26日

登録日:2020年06月27日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2020年06月26日の釣果

雨時々曇り

釣り場 川俣漁協管轄の渓流
釣り人 スタッフ糸井&Kさん

前回に引き続き、今回も川俣漁協管轄の渓流にベイトフィネス釣行してきました。
前回入渓したところよりも上流のエリアまで詰めてみました。河原には踏み跡がたくさん。
いかにも釣れそうな一級ポイントでは反応が無く、普段あまりルアーを通さないような早瀬の中のタルミや分流、倒木の絡むポイントなどにタイトに通すなど丁寧な釣りを心掛けるとヒレピンのコンディションの良いヤマメやイワナから反応がもらえました!

‘20 06月25日

登録日:2020年06月27日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2020年06月25日の釣果

雨のち曇り

アユ 12 - 16 cm 合計 17 匹
釣り場
釣り人 たて

前日の24日に続き、今回はさらに上流、西大芦川へ

昨年と比べると今ひとつ釣果がでていない感じがする西大芦川、しかも朝から雨模様で気温も低い…ホントはゆっくり行きたいところですが、平日とはいえ車を置く場所のことを考えると早朝から行かざるを得ないですよねーー;

というワケで7時、塩沢橋上流より釣り開始^^;

小雨ですがやはり釣りしててイヤなのは寒いことなので、やはり今日も防寒カッパを着てスタート。

橋の上から眺めていてチビ鮎の群れらしきものが見えた場所から始めてはみますが、朝一から雨ということもあり水も冷たく、掛かる気配は全く無し。
瀬の中なら間違ってハイテンションの鮎が突っ掛かって来ることを期待しますがそれも無し。
ある程度の活性が期待できるのなら足を使って探りまくるところですが、そんな雰囲気も特に感じないのでとにかく精一杯丁寧な釣りを…

できるかっっっ#

やっぱり出来ないことを突然やろうとしても無理、開き直ってとにかく追うヤツ、トビツキ狙いを徹底してやるっっっ

竿が6.3mと軽い為、ここはというところに次々とオトリを投げ入れまくった結果wwww

開始から2時間半くらい経過したところでドンッ黄色いヤツ2連発^^

一応オトリが変わったということでそれまでやってみた場所も再度チェックはしてみますが、結果変わらず。これはどんどん歩いて打ちまくるしかっ

結局橋上流では11時過ぎまでやって3尾。

橋下流は少し釣り人が多い感じ、途中出会った某名人はドチャラの群れ鮎狙いで16~17尾との事。真似をしたところで結果は見えているのでさらに下流へ。途中良さそうに見えるポイントにはオトリを入れてはみますが、反応は皆無。

更に下流、段々瀬が始まる辺りからは人気もなくなってきたため、いよいよ本番です!

魚が多い感じはあまりしないものの、ここは!というポイントでは反応がもらえる様になってきましたが、果たしてその理由が場所なのか?それとも時間帯なのか?わかりません><

体感的には相当長い距離を歩いたワケですが、距離の割りには効率悪く、追加は7~8尾といったところ。一旦道路に上がり、延々と歩いて塩沢橋へ。この頃には気温も上がり、防寒カッパは前日に続いてまたもや地獄><

車にカッパを置き、午後3時過ぎ、再び朝入った橋上流へ。釣り人の姿は無し。どんだけ人気無いのwwww

だがしかしっっ

朝とは違い鮎の活性はいくらか上がっている様子、瀬の波立ちの中でも少しですが反応が。そして群れ鮎たちのハミ行動もかなり激しくなってましたが、そちらは無視して瀬にぶん投げまくり、トビツキだけを7~8尾追加。いや~この釣りは楽しい^^

釣果17尾と数は残念な結果に終わりましたが、天気が良く水温の上昇がある程度期待できるなら、魚はまだまだいそうですので楽しめるのではないでしょうか。

今回使用した竿はバリバスの6.3m。群れ鮎の釣りには背負う少々不利かもですが、6mクラスならギリギリ木にさわらないという場所も結構多いので、ポイントもずいぶん広がりますね!

さて、明日はいよいよ荒井川が解禁ですね!
狭いけどやってみるとなかなか楽しい川ですよねー
なるべく早いタイミングでの釣行がオススメですよ~^^

■ロッド:バリバス リバーストーン63 ■仕掛:天上糸:テトロンモノ0.8号1.5m 水中糸:バリバス レッドアイ(エステル)0.3号4.5m 中ハリス:フジノ AQハナカン回り糸1.2号50cm ハリ:バリバス ブースター 7号3本錨 小沢式背バリ常用 オモリ:0.3号常用

‘20 06月24日

登録日:2020年06月27日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2020年06月24日の釣果

曇り時々雨

アユ 13 - 16 cm 合計 15 匹
釣り場 小倉川漁協管内上流部
釣り人 たて

24日(水)、今度は小倉川漁協管内の上流方面へ。

まずは大仁田橋から川を眺めます。橋下の流れは昨年よりもむしろ石が出てイイ感じか!?時刻も9時半過ぎということで、既に5~6人の釣り人の姿が。

橋上流には人影見えず。トロが多くちょっと変化に乏しい感じに見えましたが、空いているなら入ってみようかな~なんて思ってはみたものの、入川場所が分からない><探してたら昼になってしまうので、下流引田橋より入川。

上流部にはやはり4~5人の人影が見えたため、とりあえず下流へ。昨年あった太い瀬がチョロチョロ流れになり、本流は右岸に変わってます。途中のタナで少し竿を出してはみたものの反応は無し。イヤな予感はしましたが、とりあえずそのまま川を見ながら下流へ。

雨模様で少し涼しい感じだったので、寒くなることを嫌って“防寒”のショートレインを着込んでスタートしたんですが…

思ったよりも寒くならなかった上にひたすら歩いていたら暑くて倒れそうに

どうせ他に誰もいないので途中で河原に脱ぎ捨ててさらに下流へ…

…。

で、結局何も無くただ戻るハメになったわけですがwwww

スタート地点に戻った時には既に2時間以上経過

今度は上流へ。4人程釣り人がおり、その内の1人がちょうどチビを釣ったところで、とりあえず魚がいることだけは確認。

ただ、それほど広い場所ではないし、少し魚が溜まりそうな深みやタナは釣り人が。空いているのは水深スネ位かそれより浅めの細いザラ瀬くらい。ハネやハミ行動が見られたわけでもなかったんですが、オトリを入れてみるとすぐに前アタリ!?らしき反応が。
そして数秒後にドーンとりあえず“ボ”抜け達成~^^;

まあ言ってしまえばかなりつまらない流れなんですが、おかげで竿抜けになってたんでしょうか、ほんの数メートル四方の浅瀬で5~6尾は出てくれました。ただ、入れてすぐというよりは馴染ませてしばらくしてからようやく反応が出始める、といった感じ。

そもそも前アタリが出る時点で、その後掛かったとしても状況的にはそれほど追いが良いとは思えないんですが(※個人の感想デス^^)、ひとつその時のパターン的なものが分かったのは収穫ですね。

そのうち先行者がぽつぽつ帰り始め場所が空いたのでそちらも入りましたが、同様のパターンでポツポツ拾えました。

ただ、段々瀬の中の狭いツボというか、竿抜けの可能性の高いところにはやはり一発で追う魚もいましたので、攻めてみる価値はありそうです。タナの間隔の狭い段々瀬ほどチャンスですね。


ところで、渓流相の河川だと引舟を水際に置いて自分は陸から釣る、というシーンは当たり前のように行われてますよね。

舘岡も同じようにやっていたんですが

魚が掛かって取り込んで、引舟まで走っていたら躓いて前のめりに大転倒、顔面を強打!!

…と思ったんですが

間違いなく顔面に衝撃は走ったはずだけど…顔は痛くない!?メガネは、偏光グラスは?てか竿は?タモは?

しかし完全に気が動転している割にはとにかく道具の心配ばかりするもんですねぇ。
まあ打撲や擦り傷程度なら、ほっといてもタダで治りますからねぇ

結局奇跡的に!?道具の破損は一切無し。サンバイザーのツバのおかげで顔面強打とメガネ&偏光グラスの破損は免れたようです。一歩間違えたら今頃救急車の中かぁ…などと考えるとちょっとコワイ><

とりあえず目撃者が1人いたのは分かっていたんですが、気恥ずかしさからまるで何もなかったかのように釣りは再開。

しかし時間が経つにつれ、腰やら腕やら膝やらアゴやら、やっぱあれだけ派手にコケたらそりゃあちこちぶつけてますよねぇーー;

皆さんも充分気をつけましょうね~^^;

釣果の方ですが、17時過ぎまで粘って15尾。サイズは13~16cmといったところ。やはり少し冷水病らしき魚も混じりました。

■ロッド:シマノ LPTF急瀬パワー90(穂先RS) ■仕掛:天上糸:テトロンモノ0.8号3.5m 水中糸:バリバス レッドアイ(エステル)0.3号5.5m 中ハリス:フジノ AQハナカン回り糸1.2号50cm ハリ:バリバス ブースター 7号3本錨 小沢式背バリ常用 オモリ:0.3号常用

‘20 06月22日

登録日:2020年06月27日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2020年06月22日の釣果

雨時々曇り

アユ 14 - 17 cm 合計 3 匹
釣り場 小倉川漁協管内下流部
釣り人 たて

6月21日(日)の小倉川漁協管内へ、直後の22日(月)に当店店長と2人で様子見に。

ちょっとゆっくり目に出発、曇り空でしたが霧雨に変わり、テンション下がり気味

御幣岩橋→赤石橋→清洲橋→本城橋と見て回りますが

御幣岩橋は橋上にチビの群れは見えるものの全体的には雰囲気無し
赤石橋は解禁並の人出、北半田橋も解禁日に釣果が出たこともあってスルー
清洲橋上下は流れがかなり変わったということで人気無し。橋上に群れ鮎は見えましたがそもそも群れ鮎は舘岡の範囲外!?さらに広い上にガラガラでは打つ手無し、スルー^^;
とか言ってぐずぐずしているうちに時刻は10時過ぎ、雨もちょっと本格的に・・・予報では午後はさらに風も出て天候悪化、このままでは着替えもせずに帰ってしまいそうなところを我慢して、本城橋で竿を出すことにしましたが・・・

先行の釣り人もほぼ竿曲がらず><

ローテンションのままとりあえず竿を出してはみたものの、14時半頃までやって釣果は3尾。雨は上がっていましたがどうにも風が強くなってきたため終了。
当店店長は根掛りでオトリロストした上に竿の固着のおまけつきと踏んだり蹴ったりでしたとサ

ちなみにこのポイントでは橋下で風にも負けず丁寧に泳がせをしていたお客様が一人だけポツポツ釣ってましたね。20尾は超えていたんじゃないでしょうか。

とりあえずほとんど群れ化してましたが魚はかなりの数見えましたので、条件が良ければちょっと楽しみかも、デス

■ロッド:シマノ LPTF急瀬パワー90(穂先RS) ■仕掛:天上糸:テトロンモノ0.8号3.5m 水中糸:バリバス レッドアイ(エステル)0.3号5.5m 中ハリス:フジノ AQハナカン回り糸1.2号50cm ハリ:バリバス ソニック7号3本錨 小沢式背バリ常用 オモリ:0.3号常用

‘20 06月18日

登録日:2020年06月21日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2020年06月18日の釣果

曇り時々晴れ

釣り場 川俣漁協管轄の渓流
釣り人 スタッフ糸井&Y氏

今回は栃木県内でも少し走って川俣漁協管轄の渓流に行ってきました
県内でも遠出気分が味わえ、魚影も濃く楽しめました!

春蝉の声を聴きながら入渓、
数投でキレイなヤマメが釣れてくれました!

良さそうなポイントでは、必ず反応があり、ヤマメやイワナが好反応!

‘20 06月12日

登録日:2020年06月12日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2020年06月12日の釣果

釣り場
釣り人

関東屈指の清流、大芦川
西大芦川漁協様のご厚意で、今年も鮎解禁前の漁獲調査に参加させていただきました!
大芦川の流れで育った鮎は、小ぶりながらも姿が美しく、食べてもその味は「全国きき鮎グランプリ」で、何度も準グランプリを獲得しているだけあり、最高に美味しい鮎です。
西大芦川漁協管轄の大芦川の鮎解禁日は、

6月20日(土)

全魚種年券10000円、
解禁日日釣券2700円
全魚種日釣券2400円
当店でも販売しております!

‘20 04月23日

登録日:2020年04月23日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2020年04月23日の釣果

釣り場
釣り人

いつも上州屋鹿沼店をご利用頂き誠に有難う御座います。
緊急事態宣言発令後より、お客様釣果情報およびスタッフ釣果情報の掲載、
メールマガジンでの釣果配信につきましては休止させて頂いております。
何卒、ご理解の程宜しくお願い致します。

‘20 03月19日

登録日:2020年03月24日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2020年03月19日の釣果

晴れ

釣り場 粕尾川漁協管轄の粕尾川
釣り人 スタッフ糸井

今シーズン初となる渓流へ出かけてきました。
午前中は風がなかったのでテンカラで探ってみましたが、反応乏しく風も出てきたので昼頃からルアーにチェンジ、ミノー中心でポイントを狙っていくと小ぶりながらもきれいなヤマメが反応してくれました。今回は放流区間外に入りましたが、きれいなヤマメがいましたので、のんびり楽しみたい方にはお勧めです。たくさん釣りたい方は上流の放流区間がお勧めです。今後も定期的に追加放流が入りますので皆さんも出かけてみてください。

次の10件を見る

近隣店舗の最新釣果