「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

かぬまてん 鹿沼店

釣り情報

‘20 03月19日

登録日:2020年03月24日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2020年03月19日の釣果

晴れ

釣り場 粕尾川漁協管轄の粕尾川
釣り人 スタッフ糸井

今シーズン初となる渓流へ出かけてきました。
午前中は風がなかったのでテンカラで探ってみましたが、反応乏しく風も出てきたので昼頃からルアーにチェンジ、ミノー中心でポイントを狙っていくと小ぶりながらもきれいなヤマメが反応してくれました。今回は放流区間外に入りましたが、きれいなヤマメがいましたので、のんびり楽しみたい方にはお勧めです。たくさん釣りたい方は上流の放流区間がお勧めです。今後も定期的に追加放流が入りますので皆さんも出かけてみてください。

‘19 12月13日

登録日:2019年12月14日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2019年12月13日の釣果

晴れ時々曇り

ニジマス 28 - 40 cm 合計 45 匹
サクラマス 30 - 35 cm 合計 2 匹
釣り場 大芦川F&C フィールドビレッジ
釣り人 スタッフ糸井

鹿沼市の人気の管釣り「大芦川FC」へ行ってきました。
水の色はクリアで、魚影も濃く、サイトフィッシングが楽しめます。
放流も毎日行われるので、魚影の濃さが維持され、初心者の方にもオススメのエリアです。
当日は、午前中活性高く放流もあり2.3gのミルナーディンプルの巻きでカラーローテーションし、かなりの数拾えました。昼近くになると活性も落ち着きクーガやグラスホッパーなどのプラグやクローサー1.1などの小さめサイズのスプーン表層な引きなどでポツポツ拾うといった展開でした。
現在はニジマス、頂鱒、サクラマスなどが放流されているようです。
ここの魚は水質がよいのでキャッチ&イート派の方にもオススメです。

■ロッド:TドライブEX62TDTX エゲリアエルアESSS61UL ■リール:イグニス2004 カーディフC2000HGS ■ライン:アーマードトラウト0.2号 ■仕掛:リーダーフロロ2.5lb6m ■ルアー:ミルナーディンプル クローサー チェイサー グラスホッパーロデオVer クーガ パニクラ デカミッツ

‘19 11月14日

登録日:2019年11月15日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2019年11月14日の釣果

釣り場
釣り人

行ってきました「加賀フィッシングエリア」
11月14日に、おおよそ一年ぶりに加賀FAを訪れました。
今年は、特に1号池に魚が数多く放流されているという噂を聞き、心躍らせて向かいました。言わずと知れた北関東のビッグフィールドです☆

今月のチームトラウトは、足利店から中島と、CB宇都宮店から宮島、西川田店から半田、先日リニューアルオープンした小山駅南店から安藤とダイ、当店からはスタッフ冨岡と舘岡が参加☆

はてさて、どんな釣行となったのやら。詳しくは当店11月15日のショップニュースをごらんください☆

‘19 11月13日

登録日:2019年11月16日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(福島県):2019年11月13日の釣果

晴れ

釣り場 福島県 桧原湖
釣り人 スタッフ糸井他

栃木、福島、茨城、山形の上州屋スタッフで桧原湖の屋形ワカサギへ行ってきました。
㈱モーリス様にご協力いただき、新製品の穂先や仕掛など色々勉強させてもらいました。
当日はバリバスワカサギフィールドテスターの平久江名人も一緒に釣りをしてもらい、色々と教えていただきました。ありがとうございました!

‘19 11月12日

登録日:2019年11月13日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2019年11月12日の釣果

晴れ

マス 40 - 50 cm 合計 10 匹
釣り場 那須白河フォレストスプリングス
釣り人 スタッフ林

秋晴れの紅葉の中、釣りしてきました。
良く引くマス達でした。
詳しくは、お店で聞いてね。

■ロッド:9’6”~10’0”#6・7 ■リール:#6/7 #6/7 #6/7 ■ライン:WF6FとST67SI ■ルアー:ウェット

‘19 11月03日

登録日:2019年11月04日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2019年11月03日の釣果

曇り

釣り場 那珂川 茂木地区
釣り人 スタッフ 糸井

那珂川のサケ資源有効利用調査に参加してきました。
先月の台風19号で大増水となった那珂川。会場の茂木小深も流れがずいぶん変っていました。8時半にスタートの花火が上がり釣り開始!同行の白河店吉野さん、お客様のTさんと共にトロ瀬のポイントで大物のアタリを夢見つつ大物用の延べ竿を振り続けますが・・・。
天然のものなので、また、遡上魚ということでタイミングが本当に重要ですね。
例年より海水温も高いという事で、これから遡上のピークを迎えることでしょう。
来年もぜひチャレンジしてみたいと思います。
釣果は0匹、全体では2日土曜10本、3日の日曜は4本でした。
淡水魚最高のファイターサー、モンフィッシング。手軽に大物の引きを味わえるチャンスです。
まだ未経験の方もぜひ来年はチャレンジしてみてください。

‘19 09月19日

登録日:2019年09月20日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(栃木県):2019年09月19日の釣果

曇りのち晴れ

アユ 22 - 29 cm 合計 2 匹
釣り場 那珂川(茂木地区)
釣り人 たて

解禁以来ずーっと不調だった那珂川は茂木地区、最近になって石が光り始めてきたとの情報が。
上流方面から一足先に下った大型の鮎(放流中心)が茂木地区へ到着したということか!?

というワケで様子を見に茂木地区へ行って来ました~^^;

ところどころに確かに黒く磨かれている石も確認できます。まあ、だだっ広いトロ場でほとんどハネが見えないのも確かですが^^;

まずは瀬肩上のトロから、舘岡的には精一杯丁寧に探っていきますが、筋を変えて2回程流して反応らしきものが1回。

とりあえず瀬落ちまで釣り下ったところで本日初のアタリ、22cmクラスのメスでしたがコレが真っ白。こんなん良く背掛かりで来たな~

オトリが替わったということで、再度少し上から探ってみますがやはり反応無し。なんとかふんばってさっきより一歩沖の筋を探ります。再び瀬落ちにさしかかったところでちょっと長めに待っているといきなり竿をひったくられ

なんとか伸される前に持ち堪え、すぐ下、後ろ側のトロへ強引に誘導。とりあえずコレで勝負あり~な感じかと思いきや、ここからが長い。もしかして違う魚じゃねーの?

なんとか手前まで寄せたところで魚体を確認、確かに鮎、背掛かりなんですが・・・それほどデカくなくね???

で、なんとか取り込んだ鮎は

デ、d・・・長っっっ

なんか細くて長~い><

ここでは結局2時間で2尾。その後茂木地区内で1ヶ所(10分程でヤメ)見て一気に上流、烏山方面へ移動しますが、平日だというのにどこも人だらけ、どんどん上流へ移動して最後は小川地区のガンガン瀬だけが空いていたため、今度はドラゴンフォースを出してみましたが、1時間程やってサカバリが切られたのが1回だけで終了としました。

さて、最後の最後に茂木で釣った細長~いヤツを計測してみたところ・・・

29cm。マジか(Д)゜゜

なんという感動の無い自己記録wwww

せっかく茂木まで下ったのにちょっと悪いな、なんて思いながらメッチャ上流の小川で再放流~

ちゃんと生きててくれれば尺まで行くかな???

■ロッド:ガマカツ パワーソニック引抜急瀬95 ■仕掛:天上糸:よつあみテトロンモノ0.8号3.5m 水中糸:バリバス HBメタマックスNEO 0.125号6m ツケ糸:上フロロ0.6号70cm 下フロロ0.5号30cm 中ハリス:東レ EXハイパー1.5号60cm ハリ:シマノ 龍の太軸8号4本錨 オモリ:ヤマワ カラーシンカーオーバル3号 ヤマワ 縦打ち背バリチチワ式常用

‘19 09月10日

登録日:2019年09月20日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(秋田県):2019年09月10日の釣果

曇り

アユ 14 - 23 cm 合計 48 匹
釣り場 米代川(二ツ井地区)
釣り人 たて

米代川釣行2日目は下流二ツ井地区へ。鷹巣地区あたりもそうですが、中流域から下流の米代川は川幅だけは広いけど、9割深いトロでポイントと呼べる(若しくは釣りのできる)場所自体は少なく、ゆえに人気ポイントには大概人がいるんですが・・・その中でもマイナー気味なポイントへ入川。前日の鷹巣地区は上下見渡す限り完全に無人状態でしたが、当日は一人だけ対岸に見えるという状態。まあ川幅を考えれば実質無人のようなものですね。

さて、今日こそはトロを攻めまくる!ということで最初に入ったポイントですが、昔の面影はまるで無く、瀬肩上は川底までまっ平らで全く機能しない状況。試しに瀬の波立ちをチェックするとまずまずのサイズが速い反応を見せてくれますが、強風にあおられ2連続バラすとそれ以降は無反応。

ところどころ竿を出しながら下流の深瀬を攻めてはみたものの、背の立たないところが多く、釣りにならず。たまに立てる場所を見つけて竿を出すと岩盤底が多いせいかなかなかの良い魚が反応してきますが、入れ掛かりにはならず。それどころか絶対に取りに行けないところで痛恨の根掛かり、7月の途中から使用しつづけてきたエステル仕掛をロスト><

0.3号と太めとはいえ使い続けて285尾(ハナカン周りは何度も交換)、最後は高切れじゃなく根掛かりブレイクなんで、実際はまだまだ使えてたんでしょうねぇ(未練)。切れた後は久しぶりにメタルに張り替えましたが、使用感はメタルと何らかわらないとこがイイですよね、しかもエステルは直結できますから。

さて、続き。どんどん釣り下がって深瀬の終わり近くになると少しずつ浅くなりますが、岩盤絡みなのでなかなか立てる場所が・・・ど真ん中の波立ちなら辿り着ければおいしそう、というワケで半泳ぎで強引に渡ってみると・・・

やはりソコにはパラダイスがっっ♪

既に時刻はお昼過ぎ、この時点では8尾程度だったんですが・・・
今期は渇水続きとはいえ半泳ぎでなんとか辿り着けたものの、平水なら絶対にいけない、行けても立ってられない場所ということで竿抜けだったからか、アタリも引きもちょっとコワイくらいの強烈なものばかり。反応が落ち着いた14時、ちょっと早いですが終了。トータル48尾と釣果だけ見ればかなりビミョーとはいえ、昼過ぎは時速20尾ペース、なかなか楽しめました^^

■ロッド:ガマカツ パワーソニック引抜急瀬95 ■仕掛:天上糸:よつあみテトロンモノ0.8号3.5m 水中糸:バリバス HBメタマックスNEO 0.125号6m ツケ糸:上フロロ0.6号70cm 下フロロ0.5号30cm 中ハリス:東レ EXハイパー1.5号60cm ハリ:シマノ 龍の太軸8号4本錨 オモリ:ヤマワ カラーシンカーオーバル3号 ヤマワ 縦打ち背バリチチワ式常用

‘19 09月09日

登録日:2019年09月11日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(秋田県):2019年09月09日の釣果

晴れ

アユ 14 - 25 cm 合計 53 匹
釣り場 米代川(鷹巣漁協管内)
釣り人 たて

台風15号、関東直撃~><ってことで、仕事終了間際に急遽秋田行きを決定♪
前回雨で中途半端に終わった鷹巣漁協管内のポイントをもう一度おさらいデス^^あれ以来特に出水も無く、ていうかむしろさらに渇水(平水-50cm)、10日経ってますが果たして魚は動いたのか?前回瀬では反応無いか小さいのはわかっていたわけなんですが一応チェック・・・から始まって、だだっ広いポイントを「一応チェック」・・・結果はやっぱり瀬はダメ、ただ、瀬と瀬の間のトロが超長いもんで、気がつけば時間と釣果のバランスがおかしなことに( ̄□ ̄;もうお昼過ぎてますが?
気を取り直して瀬肩上のトロに集中、やはり反応は圧倒的にトロです。実質ここから本日の釣りスタート!!な感じ、100mほどの深トロを行ったり来たり、単調な釣りですがコレがダラダラ&延々と釣れ続きます。トロでのサイズはたった1尾だけ25cmのややサビ気味のオスが釣れた以外は20cm弱が多い感じ。16時近くなって反応が途絶えたところで終了。トータル53尾、午前中がもったいない~><

ところで。遠征時は昼飯食わずに延々と歩き回っていることが多く、引舟ひとつではチョット・・・というシーンがしばしば。満タン近く入った状態でオトリ交換の時に逃げられることもありますよね。というワケで今回は引舟を2つ引いてみましたがっ・・・今回は2つ満タンには程遠い釣果。しかし翌日のオトリ確保用としては大活躍ですっっ(T▽T;流れの中で2つ引いても思ったより重くないです・・・長距離の移動は地獄ですが^^;
2日目に続きます♪

■ロッド:ガマカツ パワーソニック引抜急瀬95 ■仕掛:天上糸:よつあみテトロンモノ0.8号3.5m 水中糸:バリバス レッドアイ(エステル)0.3号5.5m 中ハリス:フジノ AQハナカン回り糸1.2号50cm ハリ:シマノ 龍の爪7.5号4本錨 オモリ:ヤマワ カラーシンカーオーバル0.8号 ヤマワ 縦打ち背バリチチワ式常用

‘19 08月28日

登録日:2019年08月30日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

鹿沼店(秋田県):2019年08月28日の釣果

曇りのち雨

アユ 12 - 21 cm 37 - 49 匹
釣り場 米代川(鷹巣漁協管内)
釣り人 たて+1

米代川遠征3日目。天気予報がコロコロ変わり、ぐずぐずと迷っているうちに出発が遅れ、10時半スタートになってしまいましたが・・・入ったのは今日も鷹巣漁協管内。知っている方は知っている往年の名ポイント「鉄橋上」。予報が悪かったからか釣り人は見渡す限りゼロ。100mほど上流に見える瀬と目の前の瀬をそれぞれ貸し切り状態でスタートです。

まずは瀬肩上の深トロから探りますが、掛かりはするものの思っていたほどの反応は得られず、徐々に瀬へと釣り下ります。しかし瀬は反応が薄いだけでなくサイズまでどんどん小さくなって行く・・・やはりトロかと思いつつも瀬肩の三角の対岸側も気になったため探ってみると、チビ鮎のプチ入れ掛かり。サイズは仕方ないと割り切り粘ってみますが、やはり瀬の下の方へ行くと全く反応しない><雨が強くなってきて、この先そう長くは出来ないと思い慌ててトロへ戻るとやはり数もサイズも圧倒的にトロ。瀬で潰した時間がもったいない~と嘆きながら頑張ってみますが雨だけでなく今度は雷様まで登場、14時半、37尾で強制終了となりました。釣りをしている間に水位も10cm近く上がってきてましたね。上の瀬へ向かった相方はほどんど瀬の中で粘っていたようでしたが、こちらは瀬でもまずまずの型が揃って49尾。
これで今回の遠征は終了。なかなかスッキリしない釣果でしたが、鷹巣漁協管内も結構イケるのがわかっただけでも収穫でした。立ち込みがそれほど得意ではない方でも、下流二ツ井地区よりは比較的安全に楽しめると思います。すぐ近くに温泉(縄文の湯)があるのもイイです。

以前にも書きましたが鷹巣漁協管内では今期、7月いっぱいでオトリの販売を終了していますので、オトリは他で調達が必要です。鷹巣からだと阿仁川方面へ向かったところに「阿仁あゆっこ温泉」があり、こちらは養魚場もやっていますのでオトリ・入漁券(鷹巣・阿仁の取り扱いあり)とも購入可能です。

■ロッド:ガマカツ パワーソニック引抜急瀬95 ■仕掛:天上糸:よつあみテトロンモノ0.8号3.5m 水中糸:バリバス レッドアイ(エステル)0.3号5.5m 中ハリス:フジノ AQハナカン回り糸1.2号50cm ハリ:シマノ 龍の爪7.5号4本錨 オモリ:ヤマワ カラーシンカーオーバル0.5or3号 ヤマワ 縦打ち背バリチチワ式常用

次の10件を見る

近隣店舗の最新釣果