「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

ひろさきてん 弘前店

釣り情報

‘19 01月18日

登録日:2019年01月18日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

弘前店(青森県):2019年01月18日の釣果

釣り場
釣り人

堤防ヤリイカ、竜飛方面では20~35cmが2~90杯。
大きさと数が安定しませんが、群れに当たると爆釣です。
下前漁港でも30cmまでが5~15杯。釣り人が非常に多いです。
平館では20~25cmが10杯。

メバルルアーは蓬田~平館方面で情報あり。最大29cmまでが10~20匹。
数狙いなら青森~浅虫で20cm前後が50匹。

青森~平館の漁港で投げ釣りの情報もありました。
30cmのカレイが5枚。30~40cmアイナメが3本。28cmメバルが1匹とのこと。

船釣りは陸奥湾内で50~80cmのタラが1人10本以上。船中100本以上。

スタッフOも根魚ジギングでメバル28cm、ソイ、タラ混じりで短時間で20匹。

ワカサギは小川原湖の姉沼で5~10cmが30~70匹。
牛潟沼では5~7cmが50匹前後。
※少し中心に近づくと氷が薄いので安全には充分注意して下さい。
また、テントでは定期的な換気と、練炭の使用は絶対におやめください。

‘19 01月11日

登録日:2019年01月11日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

弘前店(青森県):2019年01月11日の釣果

釣り場
釣り人

磯釣りはホッケが釣れています。深浦方面では地磯からの釣果で25~40cmのホッケが10~20匹。
1月になってから大型が回ってきたようです。40cmの黒鯛が1枚釣れたとの情報もあり。

堤防のヤリイカは竜飛~平館で情報があります。胴で20~30cmが2~10杯。
平館でも30cmが釣れたとの情報あり。

メバルルアーは好調をキープ。浅虫~平館で最大29cmまでが15~70匹。
大型は遠投必要です。

陸奥湾内、ライトジギングでメバルは25~30cmが1人20匹。
ソイは40cm前後が2~5匹。アイナメも2~3匹。
タラが船中10本ほど。
タラに関しては専門で狙って船中100匹以上釣った船もありました。

蓬田~平館の漁港では投げでカレイも釣れるそうです。30cm前後のカレイが2~5枚。
アイナメは40cmまでが1匹釣れるかどうか。
朝マヅメまでが勝負のようです。

‘19 01月04日

登録日:2019年01月04日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

弘前店(青森県):2019年01月04日の釣果

釣り場
釣り人

陸奥湾ではメバルルアーが絶好調です。浅虫~平舘まで幅広く釣れています。
25cmまでのメバルが10~40匹。活性が高い時は水面まで浮いているそうです。

船釣りでは陸奥湾でライトジギングが面白いです。
25~30cmのメバルが1人で30匹。70cm超のタラも釣れはじめています。
マイボートのお客様で1人10本の釣果も。

平舘ではヤリイカも釣れてきたようです。胴寸25cm弱の小型ですが2~5杯。

磯釣りは黒鯛の情報が入っています。
竜飛方面では30~35cmの黒鯛が2枚。未確認ですが50cmの真鯛が釣れたとの情報もあり。

深浦方面では45cmまでの黒鯛がが1~2枚。外道で20~30cmのホッケ。エサ取りが大型のフグとのこと。

‘18 12月28日

登録日:2018年12月28日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

弘前店(青森県):2018年12月28日の釣果

釣り場
釣り人

深浦方面の地磯でホッケの情報が入ってきました。40cm前後の大型のホッケが14匹。

小泊~竜飛方面の地磯では黒鯛が釣れています。30~35cmが2~3枚。

津軽海峡側で堤防ヤリイカの情報も入っています。
釣果ムラが大きく不安定ですが30cm弱が1~50杯。
群れの回遊次第といったところです。

メバルルアーは蟹田~平館が好調です。25cmまでが10~30匹。
青森~浅虫は20cm弱が20~50匹。
数釣りか、型狙いかで分かれるところです。

‘18 12月21日

登録日:2018年12月21日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

弘前店(青森県):2018年12月21日の釣果

釣り場
釣り人

陸奥湾内ではメバルルアーが好調。最大24cmまでが10~50匹。
大型は粘ってパターンを探す必要あります。水温が高めで、大型は今後も期待できそうです。

船釣りでは陸奥湾で情報あり。
真鯛は最大で8キロオーバーが3枚。40cmサバ多数。80cmブリも数本。
メバルは30cmまでがポツポツとのこと。
水温は14度あり、イルカやクジラも目撃したそうです。

日本海側ではハタハタが接岸中です。
深浦方面では20~23cmを中心に、サビキでバッカン満タン。
ハタハタ接岸中のため、日本海側の情報はほとんどありませんでした。

‘18 12月14日

登録日:2018年12月14日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

弘前店(青森県):2018年12月14日の釣果

釣り場
釣り人

陸奥湾のメバルルアーが好調。
浅虫~平舘まで幅広く釣れています。型も良く、最大で15~25cmまでが15~100匹以上。
ランガンよりは、粘ってパターンを見つけた人が釣れています。

ヤリイカも陸奥湾で情報あり。エギングで25cm前後が2~5杯。
情報ではマイカが釣れたとの情報も。

深浦方面ではハタハタの情報も入ってきました。
サビキ釣りで20cmのハタハタが50匹。そのうちメスは10匹ほどだったそうです。
小型多く、仕掛けも小針が良いとのこと。

‘18 12月07日

登録日:2018年12月07日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

弘前店(青森県):2018年12月07日の釣果

釣り場
釣り人

陸奥湾内ではメバルルアーが本格的にスタートしました。
浅虫~平館まで幅広く釣れています。最大で29cmまでの情報あり。
小型は群れているので、数はいくらでも釣れるそうです。

船真鯛はほとんどの船で終了ですが、釣果情報が入ってきました。
平館沖は30~60cmが船中10枚。大型のバラシあり。
深場のテンヤでしか口を使わないそうです。
日本海側も60cm前後が船中15枚。
アマダイや青物もポツポツと釣れていました。

磯釣りは黒鯛の情報あり。
深浦方面の地磯で40cm前後が1~5枚

‘18 11月30日

登録日:2018年11月30日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

弘前店(青森県):2018年11月30日の釣果

釣り場
釣り人

日本海側から平館にかけて、ヤリイカがまとまりなく釣れているようです。
胴で18~20cmが5~15杯。
小型が多いですが早めの時間から釣れるようで、夕マヅメ狙いでも良いですね。

深浦方面の漁港でサビキで20cmオーバーのイワシが30~50匹。
日によって20cmのアジも釣れていたそうです。

船真鯛は陸奥湾で情報あり。
50~70cmの真鯛が船中10枚。
30~40cmのサバが入食い。80cmのブリも数本。
根回りの浅場では30~45cmのソイが船中10本以上とのことです。

‘18 11月23日

登録日:2018年11月23日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

弘前店(青森県):2018年11月23日の釣果

釣り場
釣り人

シーバスは出来島から車力周辺サーフで好調が続いています!
40~75cmクラスが1人2~10本!
イワシの接岸次第ではまだまだ釣れる状況です!
船真鯛は小泊沖周辺で情報頂ました!
最大70cmクラスまでが船中10枚オーバー!
悪天候が続く日本海ですが海はまだまだ秋のようです!
今後の情報にも期待しましょう!
ヤリイカは竜飛方面で20cmクラスが数杯釣れ始めています!
今後、大型の情報も入り次第お知らせします!

‘18 11月16日

登録日:2018年11月16日
画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

弘前店(青森県):2018年11月16日の釣果

釣り場
釣り人

磯釣りは深浦方面で好調。
40cmオーバーの黒鯛が1~3枚。50~70cmの真鯛が1~2枚。

シーバスの情報も入っています。十三湖ではサーフにて60cm前後が1~2本。
車力でも9本。

船真鯛は陸奥湾内では40~65cmが船中2~10枚。
平館では40~80cmが船中1~20枚。
相当深いポイントのベタ底が釣れているようです。
日本海側では50~60cmが船中5~15枚。
深場でアマダイと、青物は船中2~5本程度。

アオリイカは竜飛方面の地磯で25cmまでが7杯とのこと。

次の10件を見る

近隣店舗の最新釣果