「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

つきみのてん つきみ野店

ショップニュース

2017年1月23日フィッシング

気になる○○!!管釣りインプレ!!Vol.2【サンヨーナイロン:ZO6】

【サンヨーナイロン:ZO6】ずぃーおーしっくす導入です!!

辛口インプレVol.2です(笑)

つきみ野店でも取扱いを開始したZO6。

価格帯的には少し高めのナイロンラインなのですが、おかげ様で結構売れてます♪

村田基さんプロデュースで製品名の由来は【史上最強スペックのスーパーカー!!シボレーのコルベットZO6】からとったみたいですね。

ライン市場最強スペックってことなんでしょうね(^^)

低伸率、耐摩耗性が特に拘っているらしく、耐磨耗はフロロ以上とか…。

「本当か~??」っと思ったので導入実験でございます!!

個人的ZO6導入の理由。

最近、スプーンのズル引きにはまっているスタッフ朝生。

しかしラインの磨耗が激しく、特に結び目の強度劣化が気になっていました。

FF中津川さんや、リヴァスポ早戸さんみたいな岩が点在するエリアだと正直かなりきつかったのが現状です。

一回の釣行でラインがスレスレで白化(表面が擦れて白くなってしまう)する事も…。

 

そこで!!

 

ZO6の耐摩耗性が発揮されるはず!!と思い使ってみました♪

 

+αポンド設定は正直、イマイチ理解できていません…。

が、通常のポンドテストより強度がある!!っと、簡単に理解しておきます(汗)

強度だけを重視するなら今は色々なメーカーがありますし、

同じポンドテストでワンランク細いラインなんかも人気ですもんね。

そもそもドラグを使う釣り、なおかつロッドも他の釣りに比べたら曲がる竿なので絶対的強度というよりは伸度による感度、結び目の強度、耐磨耗性がメーカーによって差があり、大切な部分だと思っています。

で、どうなのよZO6は??

今回は+αポンドテストの信頼を含めて、ナイロンではかなり細目の2lbを選択。

「さすがにボトムズル引きで2lbはきついだろうな~」

なんて思いながらも使い倒してみると…。

 

いままで一回の釣行で結びなおさないと1~2回ほど結び目切れてしまう所でしたが、今回は驚きの結びなおししないでブレイクは0回!!(驚)

そして気になっていた白化も少量ですんでます!!

 

そして、感度も気になる事もなく、むしろ他社と比べても良いと感じるほど。

サンヨーナイロンさんの特長、しなやかなラインは飛距離への貢献は勿論ですが、しなやか=ラインが張りやすい=ライントラブルが少ない。の良いこと尽くめ。

白化が少ない事からこのしなやかさはかなり長持ちするんでしょうね♪

※スプーンズル引きなんかしなければもっと長持ちしそう…。

結び目の強度◎!!しなやかさ◎!!耐磨耗◎!!感度◎!!

っと、良い事ずくめ!!

 

…なのですが、釣貧乏朝生的にはどうしてもナイロンラインは水を吸うので劣化が否めません。巻きかえる頻度は他のラインより多くなるのがナイロンの宿命…。

そうなるとやはり巻き数単価の金額が気になってしまいます(汗

希望とすれば150m巻の75mマーカーで同価格だったら嬉しい所ですよね(笑)

統括【さすがのサンヨーナイロン!!使用感は抜群!!ビギナーさんにもおすすめ!!】

使用感は正直100点だと思いました!!

このしなやかさはビギナーさんにも勿論トラブルレスでオススメできますし、細くして糸を張りやすくしている方々にもオススメできるラインです!!

そして朝生みたいなボトムズル引き信者(笑)にも自身を持ってオススメ致します!!

また、流石の村田基さんプロデュース品なので大型トラウト狙いの方も太目のポンド数を使ってもしなやかで扱いやすいのが人気の秘訣なんだと感じました!!

そして、価格が高いと強調してしまっていますが、正直凄く高いわけではないんですよ?

ラインなので数100円くらいの差でございます(笑)

気になっていた方は一度使ってみてください!!オススメ致します!!

ショップニュース一覧を見る