「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

つきみのてん つきみ野店

ショップニュース

2017年1月21日フィッシング

気になる○○!!管釣りインプレ!!Vol.1【タックルハウス:マイクロシケイダー】

突発的なインプレ企画です(笑)

休みのたびに管釣り通いのスタッフ朝生が、気になる商品をインプレしていきたいと思います。

毎回色々と気になったルアーや用品を買っているので、ご参考程度に、

しかし、少しでも皆様の役にたつよう、辛口で行きますよ~(笑)

Vol.1【タックルハウス:マイクロシケイダー】

昔からエリアのド定番だったサブサーフェイス(水面直下)クランクがタックルハウスさんのシケイダーシリーズですね。

中でもサイズ感やウェイトで扱いやすさが抜群のミニシケイダー通称ミニシケは今でも現役選手でございます!!

そのミニシケが新作でマイクロシケイダーとなり、小粒でありながらも2フック仕様になったんです。

小粒になった事で喰わせ感がかなり向上して、2フックで絡め獲る。理にかなってますね。

しかし、小粒で2フック=針絡みやエビる(針にラインが絡む)のも多発するのが問題なんです。

自分も使ってみて「レンジの入り方はミニシケと変わらなくて良い感じ♪あとは絡み具合…」

っと、思っていましたが、【意外と絡みは少ない!!】っと1日使って思いました!!

辛口でいえばされど【以外と】の、レベルですよ?(笑

勿論、1フックの方が絡みは少ないです。が、

2フックになって頻繁に絡むとは一切感じませんでした!!

 

2フック仕様のメリット!!

2フック仕様のメリットは勿論【魚への針絡み】なんです!!

ミニシケやシケは1フック仕様でしたが、確かに「お腹にもう1本針があれば…」なんて思っていた方も多いはずです(笑)

小粒になって魚の口にも入りやすく、入った後は針絡みが良い。この一言につきます。

フックセッティングですが、純正の状態でも十二分に使えますが、自分の場合は【ヨタヨタレベルのスロー】で引く事が多いのでロデオ:クラッチフック#8に変えています。

フックの向きも少しでもレンジを入れる(潜らせる)なら針先は全部上部側に向けちゃいます。

浮かしたりして使う方ならお腹、お尻側を針先対面内側に向けても良い感じですね!!

そしてタックルハウスさんといえばウェイトチューン!!

最後に、タックルハウスさんのプラグといえば昔からウェイトチューンがかなり一般化しておりますね!!

今では細分化しており、Fフローティング、Sシンキングモデルが出ていますが、やはり釣貧乏な自分には昔ながらのウェイトチューンが一番しっくりくるんですよね(笑)

さて、冗談はさておき、ウェイトの張る位置(重心)を変更することによって、動き自体がかなり変えられるんですね~。

プラグによって変わりますが、基本は…

通常よりワンランク潜らせたい→標準オモリ位置の下に。

動きのレスポンスを落としたい→中心よりお尻側に。

他にもルアー上部に貼ったり、リップに貼ったり色々な方法がありますし、ルアーによっても違いますのでこれは現場で色々試して自分の好み、釣場の傾向に合わせてあげてくださいね!!

 

統括!!【とりあえずみんな持ってるから用意するべし】

始めの方に書きましたが、まぁ管釣り師なら必ず1個は持っていると言っても過言ではないのがタックルハウスさんのプラグです(笑)

近年はグラスホッパーがトーナメントシーンで大活躍したりと、実績も◎です!!

とりあえず迷った時に投げてみるも良し、一日使い倒してみるも良し!!

使った事がない方はこれを機会に是非使ってみてください!!

ショップニュース一覧を見る