「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

つきみのてん つきみ野店

ショップニュース

2020年2月8日その他・お知らせ

気になる○○!!管釣りインプレ!!Vol.10【DLIVE!!エアーステア40!!シリコンフィットノブ!?】

久々の超個人的インプレ企画Vol.10です(笑)

―――――――――――――――――――――――――――――――

★バックナンバー★

気になる○○!!管釣りインプレ!!Vol.1【タックルハウス:マイクロシケイダー】

気になる○○!!管釣りインプレ!!Vol.2【サンヨーナイロン:ZO6】

気になる○○!!管釣りインプレ!!Vol.3【ZPI:シーファンネル】

気になる○○!!管釣りインプレ!!Vol.4【DAIWA:プレッソLTD-AGS】

気になる○○!!管釣りインプレ!!Vol.5【デコイ:クイックリング#0】

気になる〇〇!!管釣りインプレ!!Vol.6【DAIWA:NEWプレッソ!!】

気になる〇〇!!管釣りインプレVol.7【DAIWA:プレッソリミテッド!!】

気になる〇〇!!管釣りインプレVol.8【DAIWA:プレッソデュラブラ1500!!】

気になる〇〇!!管釣りインプレVol.9【DLIVE:エアーステア!!】

―――――――――――――――――――――――――――

忘れた頃に復活する、超個人的インプレ企画でございます(笑

 

今回はVol.9でもご紹介させて頂いたカスタムパーツメーカー、

DLIVE[ドライブ]さんの新製品、

エアーステア40mmです!!

今回より、新搭載されたハンドルノブ、[シリコンフィットノブ]が最大の売りです。

自分も発売→即購入していままで使い続け、やっとインプレブログです(笑

 

正直、このノブやばいですよ(ニヤリ

さてさて、早速ですが今回のエアーステア40のお話です。

DLIVEさんのご紹介は前記事を参照して頂くとして、

さて、今回の新製品のエアーステア40。

今まで通り金属で構成されたDLIVEさんらしいハンドルの作りとなっております。

 

NEWピッチ40mmはシマノさんの1000~C2000番クラス、ダイワさんの2000番クラスの純正ハンドルによく採用されている長さです。

重量はノブ、ベアリング込みでシマノ用10.8g、ダイワ用10.4gとかなり軽い仕上がりとなっております。

 

なので、単純に純正から交換して、ハンドルの軽量化した効果が実感できる仕様ですね。

ハンドルを軽量化するメリットのお話。

スティーズにも合うな~w

スティーズにも合うな~w

※ハンドルの長さを変えると起こる事は前回の記事を参照して下さい。※

 

単純にハンドル重量が軽くなった場合、一番のメリットは[ハンドルが一回転するうちの、ノブを持ち上げる速度と下げる時の速度に差が出にくい]って、事なんです。

 

もっと単純に言うなら、[ルアーを一定速度で巻く事が楽になる]って事です。

 

管理釣り場の場合、この一定巻き精度がかなり重要な要素になります。

ハンドル一回転のうち、ギクシャクしながら巻いてしまうと、ルアーの性能が発揮できなかったり、そもそも魚が警戒したりと、あまり良い事がありません。

また極端なお話になりますが、ハンドルが重たいと慣性の力が働き、一定巻きもし辛く、さらに引き抵抗感も感じ取り辛くしてしまうんです。

 

管理釣り場の場合、よほどな事が無ければ自分はハンドルは軽い方が良いと考えております。

 

そして噂の[シリコンフィットノブ]ですよ~!!

プレッソLTDにも良い感じw

プレッソLTDにも良い感じw

そして、今回のエアーステア40に初搭載された新型ハンドルノブ!!

 

シリコンフィットノブ!!

 

今までDLIVEさんのノブといえば樹脂製のノブで拘りの凹凸面で滑り防止してあったり、硬い材質からくる感度が抜群でした。しかし、硬いが故、どうしても滑る場面があったのも事実…。

そこでこのシリコンフィットノブが登場です。

シリコンという言葉に目がいきがちですが、まずはその薄さ。

 

ノブの厚みが最薄部で脅威の6mm…。

ちなみに、ノブに入るベアリングが7mm…。

 

…??

 

これがどれだけ攻めている設計なのかお分かりでしょうか?(笑

この薄さはまさにハンドルシャフトを直接触っているような感覚ですね。

 ノブ形状自体もかなり自由度があるように設計されており、どんな握り方(触れ方)にも対応できる形状だと自分は感じました。

 

そしてノブ素材に採用されたシリコンゴムがまた絶品…。

そして本題でもある、シリコンゴムを使用したノブはもう絶品です(笑

変なベトつき感もなく、しっとりしたシリコンゴムは硬さの微調整や夏場でも変化しない材質だったりと拘りの素材に仕上がっているそうです。

 

グリップ感は正直中々のもので、個人的にアワセの際に結構腕の動きを使うタイプなので、

必然的にかなりリールが動く様なアワセを多用し、

なおかつノブは端っこに軽く触れるくらいの人なのですが、

圧倒的に指のすっぽ抜けが減りました。

 

初めて使った時は「そこまでベトベトもしてないし、そんなにグリップするの?」っと思っていましたが、正直驚かされましたね(笑

 

また、水分が付着した時なんかはどのノブもかなりグリップ力が落ちるのですが、このシリコンフィットノブは若干の水分を含むとよりナチュラルにしっかりグリップしてくれると自分は感じました。

下手すると釣りする前から若干指に水分を付ける位ですよ(笑

っと、超個人的に感じた事を簡単にですが書かせて頂きました。

ちなみに、このシリコンフィットノブは単体の発売も予定されているそうですよ(^^)

 

何を隠そう、使用感が良過ぎて自分は使用頻度が一番高いエアーステア33mmと38mmにノブだけすでに載せ換えちゃいました(笑)

それだけこのシリコンフィットノブに惚れております。

今後、全部変えたいような、樹脂ノブの硬いカリッカリな仕様も捨てがたいような…。

悩ましいですね~(笑

 

さて、そんなシリコンフィットノブが搭載されている、エアーステア40mm!!

勿論当店でもお取り扱いしております!!

ハンドルの詳細、細かい使用感、セッティング等!!

是非当店までご相談下さいませ!!

※お電話でのご相談はご遠慮下さい

皆さまのご来店、お待ちしております~。

 

以上、久々の超個人的インプレ[DLIVE:エアーステア40mm]編でございました!!

お付き合いありがとうございましたm(__)m

ショップニュース一覧を見る