「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

つきみのてん つきみ野店

ショップニュース

2019年5月6日フィッシング

フライタイイングのススメ

シールズマラブー

湖でのリトリーブの釣りのパイロットフライです。

張りのあるシールズファーがしっかり水をかみ、テールのマラブーが艶かしくトラウトを誘います。

そしてリブに巻かれたスピードファイバーの適度なキラメキが付近を回遊するトラウトを引き付けます。

マテリアルが滑らないようにフック全体に軽く下巻きをします。

テールのマラブーを巻き止めます。

この時、スレッドでテールの根元をしっかり束ねておくとテールがフックに絡みづらくなります。

リブになるスピードファイバーを巻き止めます。

ボディーに段差が出来ないようにヘッドの下まで巻き込みます。

スレッドにマルチグルーを塗りシールズファーを貼り付けます。

あまり密にせずふわっと付けるくらいがベスト。ヘッド方向に向かって少しテーパーが付くようにします。

スレッドを折り返してシールズファーを挟みツイストします。

メインのスレッドはヘッドまで移動しておきます。

ツイストしたシールズファーでボディーを巻きます。

マテリアルが重なってしまわないように注意しましょう。

最初に止めておいたスピードファイバーでリビングします。

最後にヘンサドルでヘッドを作ります。

ヘンサドルはハックルセパレーターで処理をしておくとファイバーがパラパラになって綺麗に仕上げられます。

ヘッドを止めたらピッキングをしてシルエットを整えて完成です。

4月の芦ノ湖釣行。

もちろん使ったのはこのフライ。

 

まさかの68センチを釣っちゃいました。

 

 

店頭に見本のフライを展示してあります。詳しくはスタッフ高橋までお問い合わせ下さい。

 

ショップニュース一覧を見る