「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

かしわてん 柏店

ショップニュース

2020年3月28日その他・お知らせ

スタッフK釣行記~~番外編~~

★シマノ・スコーピオンシリーズ★ルアーロッド界の何でも屋フリースタイルロッドの使い心地。

先日印旛新川にて、NEWロッドとリールの試投を兼ねてバスを狙いに行ってきました。

今回重点的に使ってきたタックルはコチラ…

       ↓↓↓

スコーピオン1653RS-2 +SLX DC

(画像左)

スコーピオン2701FF-2(リールは私物の旧ツインパワー)

(画像右)

 

どちらもこの春の新製品です。

 

最初は【スコーピオン1653RS-2こちらのベイトモデルの感想から。

※あくまでもスタッフKの個人的な感想です。

       ↓↓↓

3番と言う事で固めのロッドを想像したんですが、RS(レギュラースローテーパー)なので、ロッドはしっかり曲がってくれます。ビッグクランク等をバンバンキャストしてみましたが、余裕を持って振り抜けましたね。

ただ単に堅いだけのパワー系ロッドとは違い、デカイルアーを投げられつつもアタリを弾かないしなやかさを残している。そんな印象のロッドでした。

 

次はスピニングモデル【スコーピオン2701FF-2の感想です。

※あくまでもスタッフKの個人的な感想です。

       ↓↓↓

まず軽めのルアーを中心に色々投げた感想は、さすがに1g程のジグヘッドなんかは多少投げづらいですが、5g位からのプラグやリグならストレス無く飛ばせました。

FF(エキストラファーストテーパー)表記ですが、力が掛かればティップはしなやかに曲がり込み、感度も良好。それでいて強靭なバットも持っているので、口の固い魚のフッキングもこなせそうでした。勿論大型の魚が来た時にも主導権を握れる竿だと思います。(大型魚と言っても限度は有りますが、一般的にこの竿で狙う魚種のランカーサイズなら。)

フリースタイルロッドを謳っているだけあって、1本で何でも出来る高汎用性ロッド。

魚が掛かれば竿先はしっかり曲がり込み、魚の引きをいなしつつバットパワーで寄せられる。

ロッド1本でバス+αをマルチにこなすなら、コレが良いでしょう。

私もこれはとても欲しくなりました(^^)

 

シマノ・スコーピオンの公式ページはこちらから

ショップニュース一覧を見る