「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

ならてん 奈良店

ショップニュース

2021年1月24日その他・お知らせ

串本カセ【ブリ】寒波の合間を縫って短期決戦!!リベンジ釣行行って来ましたww!!

ブリの完全フカセの新釣法!?でリベンジ出来るのか??

どうも、スタッフ松原です!

 

連続して寒波が到来したり、低気圧の通過で雨が降ったりと安定しない天候が続きます。

 

そんな中、悪天候の合間をついて串本のカセにブリ狙い行って来ました。

 

去年末の釣行時は同行者にはブリが釣れたものの、自分はハマチクラスのみでブリは掛かりませんでした…

リベンジを考えていたもののタイミングが合わずに行けてませんでした。

 

たまたま今回、タイミングが合って行けそうな日があったのでいつもお世話になってる串本の『新栄丸』でカセの予約を取りました。

 

その日が1月23日でしたが、低気圧が接近してきているようであいにくの雨の予報…前日も雨、当日朝には止むがまた昼には降りだすという予報でした。

 

風も出てくる感じです…この時期に雨風の中、カセで釣りするのは厳しいのですが、雨がひどくならずに天候が持ってくれることを願って決行しました。

 

当日早朝、現地に着いた時に天気予報を確認すると、昼から降りだす予報だったのがなんと午前中には本降りになってくる予報に変わっています(汗)

昼まで釣れたら…と思ってましたが、天候次第ではさらに釣る時間は短くなりそう…

どのみち、青物の食い気はいつも午前9時くらいまでがピークでその後は一気に食いが悪くなる…もう昼まで出来るとは思わずに、9時までに結果を出して帰るくらいの気持ちで短期決戦を決め込みます!

 

5時過ぎに乗船して出港です。

その時点ですでに雨がパラパラと降りだしてきていました(汗)

何とか結果が出るまで本降りにならないで欲しいですね…

 

串本大橋をくぐって湾外の東側の青物ポイントにカセが到着…その時点ではまだ辺りは真っ暗、持参したヘッドライトの明かりで準備を始めます。

 

明るくなってくる頃が一番のチャンスタイム…それに間に合わせるために3本の完全フカセのタックルをセットします。

 

その合間にもエサのイワシをしっかり撒いておきます。

 

水温が下がるとブリ達は底付近に居るようで、青物ポイントの水深は約50ⅿほど、その底にしっかりと仕掛をキープするのが釣果を上げるポイントのよう…

で、最近それを意識した、ある仕掛けが流行ってるようで…

船長がそれを出船前に教えてくれました。

ほんまにそんなんで魚が食うの?って少し変わった仕掛でした…

 

半信半疑のままでしたが、竿出しの3本のうち1本をその船長に教えてもらった仕掛を試してみます…

あとの2本は今まで通りの仕掛で釣ってみようと考えました。

 

と言うことで…

まずは今まで通りの仕掛で2本出して置き竿にしました…

 

そして3本目は、船長に教えてもらった仕掛けをヒントに自分なりに考えてアレンジした仕掛を作って投入することにします。

 

まだ夜明けまで時間があり、何とか暗い状況で3本セット出来そうです。

 

その新しい仕掛けをセットした3本目のタックル…船長には仕掛けが着底したらそこから1ⅿ上げて待ってると良いと言われていたので、底までゆっくり仕掛けを落とし込んでると…

 

底までまだ全然届いていないのに、いきなりリールから勢いよくラインが出て行きます!

すぐにリールのハンドルを回してクラッチを入れると、竿に魚の引きと重量感が伝わります。

しかしブリでないことがすぐに判断出来ました。

きっとサワラです、それもそんなに大きくない…

 

すんなり上がってきたのは予想通りのサワラ(サゴシ)でした。

まだ暗い中、浅い棚で食うのはコイツくらいです。

 

でも、船長に教えてもらった仕掛けに魚が食いついた…それが驚き…そしてこの変わった仕掛でも魚が食うんや!?っていう確信が得られたのが、この日の結果を大きく左右する貴重な1匹となりました。

 

そのサワラを取り込んで再度新しい仕掛けにエサを付けて投入、今度は底まで仕掛けが届き1ⅿ仕掛けを上げてセット完了…このあたりから薄明るくなってきて、そろそろチャンスタイムです…

 

いつ食うのか…そう思いながら船べりに並んだ3本の竿を眺めてると…

 

ジィww!!と勢いよくラインが引き出される音と共に真ん中の竿が曲がり込みます!!

 

また新しく試してる仕掛けをセットした竿に掛かったようです(笑)

 

またこれに食ったやんww!!

 

置き竿を手に持ってやり取りを始めると、こいつは明らかにさっきの魚の引きとは違うと判ります。

 

まちがいなく青物…

 

慎重に…それでもチャンスタイムに時間を掛けたくない…慎重かつ大胆に取り込みに掛かります。

 

食った棚あたりで何度か強い締め込みを見せて何度かラインが引き出されましたがそこから浮かせてからは順調に上がってきます。

 

水面まで浮かせると良型の青物です♪

 

タモで掬うと90㎝近いブリクラス♪

 

 

幸先よく青物をキャッチしてホッとしました♪

 

前回、何しても食わなかったブリがあっさりと釣れてしまいました(笑)

 

気を良くして、釣れたタックルを再度投入します。

 

半信半疑だった新しい仕掛けでしたが、青物が釣れて実績が追加されました。

その仕掛けにまたエサを付けて投入します。

 

ゆっくりゆっくり底近くまで仕掛けを送り込んで行きます。

 

もう少しで底かな?といった時でした、シュ~ッ!!とリールからラインが出て行きます!!

また食った!!

 

すぐにリールのハンドルを巻いてクラッチをON!!

竿に重量感が伝わります…これもさっきと同じようなサイズ感…

 

浮いて来た魚を掬い取り込んでやれやれと思った瞬間に、また別の竿が曲がっています!!

 

喜ぶ暇もありません(笑)

 

慌ててそっちの竿を取り上げてやり取り開始!!

 

これは今まで通りの仕掛をセットしていました。

この魚は、今日掛かった魚の中で一番の重量感!!

 

ずっしり重い物体が底の方でズズッ、ズズッと進むイメージ…

掛かってからしばらく、ラインは出て行く一方でした。

 

ハリスは8号、あんまり無理は出来ませんが、じっくりラインを出したり巻き上げたりを繰り返していると、一時は70ⅿ以上まで引き出されてたラインも50ⅿの底を切りました。

そうなるとゆっくりと浮いてきます…

ゆっくりと水面に浮いて来た魚体は真ん丸です(笑)

 

これぞブリ!!というような立派な魚体でした♪

 

目測で10キロほどの正真正銘のメタボブリです!!

 

慎重にタモで掬い、連続キャッチ!!

さらに大型をキャッチと嬉しい状況で喜びに浸りたい状況ではありますが、せっかくの時合い到来、しかもいつまで釣れるかわからない天候です…

さっきの釣り上げた竿と合わせて2本分、慌てて仕掛けを投入しないといけません(汗)

 

魚も絞めて血抜きもしておかないと…

 

このバタバタで、メタボブリの釣った瞬間の画像撮れてませんでした(汗)

 

頑張って急いで釣り上げた竿2本分の仕掛を投入、セットしたのですが、朝イチの青物の群れはどこかに行ってしまったのか食いが止まってしまいました…

 

アタリが少し止まったタイミングで仕掛けを変更します。

この日一番の実績を上げてる新しい仕掛けを2本体制に増やしました(笑)

今まで通りの仕掛を1本に減らします…

 

その新しい仕掛けの竿1本は置き竿に、もう1本は手持ちで狙います。

 

この新しい仕掛けは…仕掛をゆっくり落として行って、底に仕掛けが着底したのを確認…船長はそこから1メートル上げて止めて待っててと教えてくれたので1本の置き竿の方はその通りにして竿受けに固定。

 

もう1本の手持ちの方は、仕掛けの着底を確認したら、巻き上げます(ここまでは一緒)

1ⅿだけではなく10mくらい巻き上げて、再度仕掛けをゆっくり落とし込んで行く…着底したらまた10m巻き上げて仕掛けを落とし込む…これを繰り返すようにします。

 

前回の釣行でも感じたことですが、食いが良い時は棚が少々ズレてても食うし、止めてようが落ち込みであろうが食ってきますが、食いが悪い時は底近くでエサがゆっくりと自然に沈んでく動きの時に食ってきてる感じがしていました。

 

なので仕掛けを上げたり落としたりを以前から試していたんですが、それをすると今までの仕掛は絡んだり、エサのイワシが回って仕掛けや道糸のヨレが酷くなり釣り辛いことが多かった…

 

しかし、今回の新しい仕掛けは仕掛けを上げ下げしても仕掛けが絡むことが少ない!

これはかなり画期的!!

と感じ、積極的に仕掛けを上げ下げする誘いを取り入れてみたと言う訳です(笑)

 

すると…この仕掛けを落とし込む誘いに魚が反応しました!

またまた新しい仕掛けにヒットです!!

気持ち良く竿が曲がっていますね♪

 

水面に浮かせた魚はこれも80㎝ほどの立派なサイズ…でも、さっきのメタボブリを見た後だと小さく感じます(笑)

 

サワラがひとつ、良型の青物を4匹釣って午前8時過ぎ…このあたりから雨が強くなってきて風も強くなってきます。

波も出て来たので嫌な感じですが、今日はすでに4本釣ってますので気が楽です(笑)

 

それでも人って欲深いもので、釣れるならもっと…となってしまうんですね…

昼くらいまでやれたらもっと釣れそう…と考えてしまいます。

 

いつまで出来るかな…止めるか続けるか…迷ってると…

 

置き竿にしてたリールからジィww!!とラインが出て行きます!!

 

これも良型のようです♪

じっくりと魚の引きを味わいながら取り込みます。

 

5匹目の青物も先程とよく似たサイズでした。

 

この魚を取り込んですぐ…さらに雨が強くなってきました…

 

完全に食いが止まってる訳ではないので、相当迷ったのですが…それなりに結果が出せたので午前9時…かなり早い時間ですがストップフィッシングとしました。

船長に迎えに来てもらうように連絡を入れて撤収の準備…

 

片付けが終わって迎えを待つカセの上で魚を並べて写真を撮りました!

メタボブリが並びます(笑)

 

短時間でしたが、新しい釣り方も発見出来、さらに釣れる魚も良型が揃い納得の釣りとなりました♪

 

早く切り上げたこともあり、帰宅も早く、当日に釣ったブリを家で頂きました♪

刺身にブリしゃぶ、握り寿司に…カマを塩焼きにしたりと、冬特有の脂がしっかり乗ったブリを堪能しました♪

 

数が期待出来る訳ではありませんが、天候が良く、狙い方がハマればまだまだ極上の寒ブリが狙えそうな手応えを感じた釣りとなりました。

 

新しい釣り方気になる方いらっしゃるとは思いますが船長に教えて貰ったのでここで明らかに出来ないことをご理解下さい…乗船してくれた方には教えてるよ!とのことなので、メタボブリを釣ってみたい!!という方は是非、現地まで足を延ばしてみてはいかが??

 

<注>道糸はPEラインではなくフロロラインを巻いて釣るのは基本です!

それは必須ですのでタックル準備の際はご注意を…

この日もPEラインを巻いたリールしか持ってきてない方は苦戦されてたようです…

 

オススメのタックルや釣り方などなど、気になる方は店頭のスタッフにお気軽にお声掛けを…

 

シーズン終盤戦、もう一回試しに行ってみよかな…なんて考えてますので、もし釣行したらまたレポートしますね♪

 

 

なお、釣行の際は感染リスクの高まる3密を避けることはもちろん、万全の感染対策を行って釣りを楽しむようご協力お願いします。

ショップニュース一覧を見る