「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

ならてん 奈良店

ショップニュース

2020年11月26日その他・お知らせ

【大阪湾】船テンヤタチウオ 好調継続中ww!!

超ご機嫌なタチウオと、そうでもないタチウオ…切り替えが大切ですね!

一気に季節が進みましたね!

朝夕はしっかり冷え込んで、釣りスタートの早朝にはしっかりと防寒対策が必要となてきました…

 

どうも、スタッフ松原です!

 

気温はかなり下がってきて寒くなってきましたが、大阪湾の釣り物はまだまだアツいですよww!(笑)

 

今週またまた船タチウオ行ってきました!

 

ここ最近、絶好調の大阪湾の船タチウオ、潮回りにも若干影響されますが好調継続中…派手な釣果が報告されてますね。

 

今週の潮回りはチャンスなんで行っておかないとですね(笑)

 

ってことで、11月25日にいつもの泉南小島漁港『第二小島丸』に乗船してきました!

 

今回はいつも同行してくれる野津氏と2人で予約していましたが、当日早朝のの港には、当店お客様の山田さん、さらに福井さんとそのお友達が同じ日に予約されてたようで知ってる顔がいっぱい…釣り座もその全員が右舷に並んで釣ることになり楽しい釣りになりそうです(笑)

 

乗船して準備出来ると出船です!

この日は風も無く穏やかな天候、久し振りに波の無い最高の状況で釣りをさせて貰えそう♪

 

潮回りも良く、天候もバッチリ!!

今日はかなり期待出来るぞ!とワクワクでポイントを目指します。

 

まだ暗い中港を出てきましたが、淡路の洲本沖に着くころにはうっすらと空が明るくなてきました。

阪神間のタチウオ狙いの船宿も神戸沖ではなく洲本沖まで遠征してきているので周りにはタチウオ狙いの乗合船が沢山集まってきています。

 

水深90~100mのポイントからスタートするようです…

船長の合図で釣り開始…

同時に仕掛けは底まで落とさずに60ⅿまで落としてそこから誘うようにとアドバイスがあります。

魚探に水深40~60mに反応がしっかり有るようです…

 

前回、投入1投目で何の反応も無く40ⅿ落としたところでテンヤを切られてしまっていたので、言われなくてもそのつもりでした(笑)

アドバイスは60ⅿから誘って!でしたが、ラインが50ⅿ出るか出ないかですでに誘い始めます。

 

キビキビした動きですが移動距離は短め、シャクってからの誘いの後にポーズ…

いきなりフッと竿先が浮くアタリが有ります。

 

即アワセしますが、空振り…

次もフッと竿先に鉄板アタリが出たので即アワセ!!

で、空振り(笑)

 

この時点で周りではあちこちで電動リールの音が響いています…タチウオは高活性、すでに船内の何人かは掛けています。

 

すっかり出遅れました…すぐに作戦変更です(汗)

超高活性のタチウオ、アワセに失敗してもいくらでもアタります…

すぐにまた竿先がフッと持ち上がったと同時にすぐさまハンドルを2回転、さらにフッっと竿先に反応が有ります。

それと同時にハンドルを巻くとススッーと竿先が持ち上がるので(テンヤをタチウオが咥えてることが多い)ハンドルを巻くスピードを上げます。

大体、この時点で竿先にククッっと反応が有って合わせますが掛かりませんでした。

もう一度シャクリを入れて誘ってみると、また竿先が浮くアタリが有り、ハンドルを巻くとススッと竿先が浮いてきます、次は食い上がってると判断、一気にハンドルを巻くスピードを上げて合わせます!

竿に魚の重さが掛かります!

同時に電動のスイッチを入れます。

大きくはないですが、まずは1匹目…

 

これで大体のタチウオの活性の高さが判断出来ました。

前回の2週前の朝イチほどではないですが、結構な活性の高さです。

 

シャクって誘った後のポーズは完全にテンヤは止めた状態でアタリを待ちましたが、食い気の立った高活性のタチウオはどんどん上に上に食い上がってるので次はスピード5の電動で巻き上げながらアタリを待つようにしたら、これが正解…

電動で巻き上げながら待ってる時に出るアタリをアワせる方が打率UP!

 

仕掛を落として誘うと即アタリが有り、50ⅿ前後で次々に掛かります♪

しばらく2時間弱は同じパターンでずっとアタリが出っぱなし…

 

こんな時はひと流しの時間が長いことが多いのですが、この日は群れの規模が大きくないのか、潮が動きがあって群れからズレてしまうのか、調子よく釣っていても魚探に反応が無くなってくるようで、その度こまめに流し直しが有りました。

 

それでも最初のひと流しで20匹以上のタチウオをキャッチ!

特別大きな個体もないですが、チビもほとんどいません…この調子で1日釣れ続けたらどんなけ釣れるねん!と思っていましたが、やはりそんなうまくは行きません(笑)

 

ひと流しごとにタチウオの反応が出る棚が少しづつ深くなり、少しづつアタリの出る棚の幅も広がってきて攻める棚に迷うことも…

それでも仕掛けを落とすたびに何処かでアタリが有るので棚を見つけるとそこを重点的に攻めて効率よく狙っていくように釣っていきます。

 

少し活性も落ち着いてくると、電動巻き上げをしながら誘ってという釣りを止めて、誘った後のアタリを待つ間のポーズもテンヤを完全に停止させた状態でアタリを待つ釣りに変えます。

 

テンヤに乗せるエサは開始からエサ持ち重視でサンマで通しています。

 

この時には朝一から比べると半分くらいのペースにはなってしまいましたが釣れ続けています。

 

これくらいが実は楽しかったりします(笑)

タチウオの活性に合わせて釣り方を変え、パターンを掴んだ人はテンポ良く掛けていきますが、パターンを掴めなかったり、迷ったりしてるとなかなか釣れずに差が出てしまいます。

この時ほど、釣り方の違いで差が出てしまう時ですね…

 

そのうちさらに食いが落ちてきました…船長はそろそろ潮の折り返しで潮が動いてないからタチウオが口を使いにくい時間になるころじゃないか…とのこと。

でも最近、そんな時に意外と大型が掛かることが多いように思ってました。

この日も『こんな時間帯が大きいの来ること多いんよなー』なんて話してたんですねぇ…

 

すると…

やっぱり(笑)

 

この時間帯に良型のタチウオが集中したんです♪

 

まずは左隣りで釣っていた野津氏に…

幅が指5本を軽く超える良型タチウオ!!

でも、ごめんなさい…画像撮れてません(汗)

 

次に、右隣りで釣ってた福井さんが良型キャッチ!!

福井さんの隣、一緒に来たお友達は船タチウオ初挑戦、福井さんはそのお世話をしながらもバンバン掛けてましたww!!

そしてさらに良型までキャッチ!!お見事です(笑)

 

そしてその初挑戦のお友達、植田さん…

船タチウオ初めてでスゴイ!!

是非、ハマって下さいね??(笑)

 

さらに山田さんにも良型がヒット!!

120㎝オーバーやったそうです!

ドラゴンキャッチおめでとうございますww!!

 

自分もこの時間帯にちょっとマシなサイズ釣らせて頂きました(笑)

船宿のホームページからお借りしたので画質が良くないですが…

ま、そんな大きくはないですね…(汗)

 

アタリ少ないですが、良型が集中する時間帯、アタリ少なくなっても油断しないで下さいね~!?という事で…

釣れる数は減りましたが良型が釣れて盛り上がった時間帯でした♪

 

型は良いものが釣れるものの後半食いが落ちてきて尻つぼみ気味で終了時間が近づきますが底近くで出るアタリに集中してコツコツと数を積み重ねます。

 

最後の1時間で少しまた活性が上がりそうな雰囲気が感じられてきましたが終了時間が来てしまい大きな盛り上がりも無く終了…

 

食いが落ちた後も丁寧に釣って釣果を積み重ねたことでそれなりの釣果となり、トータル74匹の釣果でした…

同船のみなさんも沢山釣ってられましたね。

よーけ釣らせて貰いました…ちょっとお疲れ気味の顔してます(汗)

 

これだけ釣るとクーラーもいっぱい♪

釣ったタチウオは絞めて潮氷を作ったクーラーに入れてしっかり冷やします。

釣りが終わったら水は抜いてしまいます。

 

釣った後に適当にクーラーに入れるのではなくしっかりと管理したタチウオ…ピカピカでしょ!?(笑)

 

せっかく釣ったタチウオ、美味しく食べたいですよね…氷はしっかり多めに持参したいですね!

 

この調子だと、まだまだ期待出来そうな大阪湾の船タチウオです♪

今回、初挑戦の植田さんは、なんとドラゴン交じりの40匹ほどのタチウオをキャッチ!!

船釣りに興味ある方、テンヤタチウオに興味ある方、始めるなら今がチャンスです…

オススメのタックルや仕掛けはもちろん、釣り方やわからないことなどお気軽に店頭スタッフにお声掛け下さい!

 

ってことで、船タチウオまだまだ行きますよ!

またレポートします!

ショップニュース一覧を見る