「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

ならてん 奈良店

ショップニュース

2019年11月9日その他・お知らせ

大阪湾船タチウオ これからが本当に面白い時期になってきました(笑)

鉄板アタリや細かいアタリ…アタリは有るが、ひと筋縄でいかないのが楽しい!?

どうも!

スタッフ松原です。

 

今週は船タチウオ行って来ましたよ。

 

毎度の泉南小島漁港の『第二小島丸』

今回は野津氏と奈良橿原店のお客様、坂本さんが同行してくれました。

 

11月7日、早朝4時半に現地到着…5時には乗船して準備しますが夜明けが遅くなってきたので出船は6時です。

野津氏と坂本さんと3人並んで釣り座を取れたので楽しい釣りとなりそうです。

 

薄暗いうちに出船となりましたが、淡路島の洲本沖に船が向ってるうちに明るくなってきます。

この時期になるとタチウオのポイントは洲本沖が定番、この日も真っ直ぐ洲本沖を目指していましたが、急に沖ノ島の北側で船速が落ちました…

 

何か魚探に反応が出てるようで、ちょっとやってみようとなり、朝イチはココからスタート。

 

水深は80mほど、底から15mくらいまで反応が出てるよ、と船長からアナウンス…

早速、テンヤを投入します。

 

船長から底から反応有るよと言われながらも、テンヤを底まで落さずに60mチョイ道糸が出た時点から誘い上げます。

朝イチの浮き気味のタチウオ狙いです。

 

すぐにアタりました!

結構、しっかりとした竿先が跳ね上がるアタリ…もちろん即アワセ!!

 

が…、空振り…

 

やらかしました(笑)

 

すぐにまたアタるだろうと誘い上げますが、沈黙…

少し上の棚から誘い始めてしまったのかと、次は少し深めの75mくらいまでテンヤを落としてから誘い上げます。

 

すると、次のアタリはモゾッとした微妙なアタリ…

アワせずにリールのハンドルをグルグルと2回転してからポーズ…またモゾッとアタったので再度ハンドル2回転…

 

アタリを待ちますが沈黙、もう一度ハンドルを巻いて誘いますが追って来ませんでした…

 

んん~、朝イチなのに渋めですかね…

開始早々にアタってるにも関わらずヒットに持ち込めません(汗)

 

再度、テンヤを落として誘い上げますが、朝イチ期待の竿先を跳ね上げるような鉄板アタリは出ずに、またしても見逃しそうなほど小さなモゾモゾしたアタリ…

これもヒットに持ち込めずです…

 

ここで船長がすぐに判断、上げて!(仕掛を上げて)と声が掛かり、ポイント移動となりました。

洲本沖に行くようです。

そこからまた15分ほど移動で洲本沖へ…

ポイントに近づくと沢山の釣船が集まっています。

 

後で聞きましたが、同行していた野津氏、どれだけの船が集まってきてるのか数えてたようで(笑)

 

見える範囲で70隻くらいまでは数えたが、反対向いたらまだ船が有ったので数えるの止めたと言っていました…大阪湾の船宿が大集結です(笑)

 

すでに空はすっかり明るくなっています。

船長からの合図で釣り開始…

 

朝イチはモーニングサービスタイムを期待していましたが、スタートダッシュ失敗(汗)

それを取り返そうと気持ちを切り替えて再スタートです!

 

水深は90mチョイとのこと、やはり底近くに反応が有るようです。

この日は潮が動かず、澄み潮でした。

それも影響してるのか前半戦はアタリは有るもののモゾッとしたアタリが多かったですね…その中にときおり竿先が力強く弾かれるようなアタリも有り、それは即アワセで掛けて行きますが、モゾっ系のアタリはアワせずにリールを巻いて誘って行きます。

 

次に跳ね上がるようなアタリが有ればアワせますし、モゾモゾが続き、竿先を持ち込むまで巻き続けたり…

 

状況に合わせて誘いかたを変化させて釣るのが最近の定番スタイルになってますが、この日の前半戦は鉄板アタリは2割ほど、巻いて誘うシーンが多かったですね。

 

派手な釣れかたはしないですが、洲本沖に移動してからはポツリポツリと釣れだしました。

 

特別小さなタチウオは無いですが大型も無く、平均3本半ほど…

 

潮が大きく動く潮はタチウオ釣りにはあまり良くないでずが、動かなさすぎるのも食いが悪いですね…この日も前半戦はほぼ潮が動きませんでした。

だいたい9時過ぎくらいから動き出すのでは…と予想していましたが、ほぼ的中でした。

 

それまでは、小さな難しめのアタリの後、巻いたり、小さくシャクって誘ったりしながら掛けて釣っていましたが9時半くらいから穂先に力強く出るアタリが増えてきました。

 

釣り方を擬音で表現してみたいと思います(笑)

 

ワンピッチのシャクリが『キュン』

ポーズは『ピタ』、そしてアタリは『プンッ』『モゾッ』『フワッ』とかになりますかね…

で、アワセは『ビシッ』です…

 

キュン、キュン、ピタッ!

・(ポーズの間)

プンッ(竿先が跳ね上がる鉄板アタリ)

ビシッww!!(掛かります(笑))

 

これが理想的なパターンですね♪

このパターンが増えてくると天国モード(笑)

 

この日は天国までは行きませんが、後半戦になって鉄板アタリが増えてきました。

すると、釣れてくるタチウオの型の良いのが混ざり出します。

右隣で釣っていた坂本さん…

アワセが決まり、竿を大きく曲げた良型タチウオです!

左隣の野津氏も良型をキャッチします!

野津氏も前半戦は小さなアタリに苦戦していましたが、後半戦にはしっかりと力強いアタリが出るようになり、このタチウオも穂先にしっかりアタリを出した1匹でした。

そこから野津氏は乗ってきたきたのか(笑)

立て続けに良型を掛けてます!

これも良型でした!

ナイスファイトな腹ボテのタチウオでした。

 

船内は前半戦の遅れを取り戻すようにあちこちで電動リールの音が聞こえます。

 

自分もラストスパートです!

 

前半戦はアタリも小さく、少ない状況だったのでテンヤに乗せるエサはイワシ中心…さらにイワシの頭を落としてテンヤのシルエットを小さくしたりしましたが、後半戦はアタリが増えて来たので手返し重視でサンマエサ中心にチェンジです。

 

今回、先日やっと入荷したハヤブサの新製品の船太刀魚テンヤFA(フリーアングル)を使ってみましたが、少しショートシャンク気味のこのテンヤ…イワシの頭を落として付けたり、サンマエサでボリュームを小さい状態で使うにはちょうど良い感じでしたね…

 

それ以外にもすでに発売されてるノーマルタイプのテンヤ同様、引き抵抗が軽いということと、FAシステム(テンヤの姿勢が変えれる5箇所のアイ)が特長でなかなかオススメのテンヤなんですが…

 

ハヤブサさん、もう11月…発売するの遅過ぎですわ(笑)

 

ってことでFAテンヤで良型キャッチです!

テンヤに乗せてるのはサンマですね…

かなりシルエットは小さめとなってます。

 

残り時間も少なくなってきます。

アタリは増えましたが、アタる棚は90mまで落としてからと深めのまま、この日は1日通して浮き気味のタチウオは少なめに感じました。

冬のパターンになりつつあるのでしょうか…

そんな中ではありますが、状況の良くなってきた後半戦、効率良く掛けるために鉄板アタリを求めて誘います。

 

キュ~ン、キュン、ピタッ!

と、ポーズを取るか取らないかでプンッ!

 

質問をされ、相手の言葉が終るか終らないか、食い気味で返事をすると表現したりしますが、まさに誘い後に食い気味の鉄板アタリに思わず『ワォ!』声が出ます(笑)

力強く竿先が跳ねるアタリを即アワセ!

 

これも良型でした♪

前半戦は期待外れでどうなるかと思いましたが、後半戦は機嫌を取り戻したタチウオが頻繁にアタリを出してくれ、楽しませてくれました。

ツンデレさんですね(笑)

 

最後の終了時間までアタリは続き、名残惜しいですがタイムアップ…

前半苦戦したものの、後半の追い上げで何とかトータル43匹キャッチとなりました。

 

違う魚が1匹混ざってますが、これは他のお客さんが釣った(枝バリ仕掛)クログチを頂きました(笑)

 

この魚、最近注目されてます…また機会あれば紹介しますね(汗)

 

1日の中でも状況が変化し、その変化に対応していかないと釣果が伸ばせません…釣り方の引き出しがいくつか必要になってきましたね…

それゆえにテクニカルで楽しくなって来ましたよ(笑)

 

今回、同行の野津氏や坂本さんも難しい難しい!と言いながらもアタリの数は結構有るので楽しんでいました♪

 

船タチウオシーズンはまだまだ続きます、大阪湾の船タチウオの釣況や釣り方、タックルの相談などはお気軽にタチウオ大好きスタッフまでお気軽にお声掛けを!

 

タチウオ、まだまだ行きますよ(笑)

ショップニュース一覧を見る