「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

ならてん 奈良店

ショップニュース

2019年5月22日その他・お知らせ

【東吉野アマゴ調査】恵みの雨!?水が出たタイミングで行って来ました!

久々のまとまった雨で渇水状況から回復…でしたが…

どうも、スタッフ松原です。

 

やっと降りましたね(笑)
雨です…待望のまとまった雨…
5月20日は西日本を中心に、翌21日は関東でと全国的に大雨が降りました。
渇水状況の続いてた近畿の各河川の水位は回復したのではないでしょうか。
鮎解禁を控えて鮎の放流も終わってる河川も多く、渇水の状態が続き心配されましたが今回の雨は恵みの雨となりました。
奈良県も20日の午後から深夜にかけて結構降りましたが、自分はその翌日が休みでした。

 

潮回りも良く、来月開催される当店主催の船釣り教室の大阪湾アジ五目のメインターゲット、言わずとも『アジ』ですが(笑)そのアジが釣れ出したこともあり、その休みは船釣りを予定していました。
しかし、この大雨の上、強い風も伴うとの予報だったので、船長に問い合わせると朝になってみないとわからないな…と言う事で、また天候がいい時にしたほうが良いかもということになり船釣りは断念…
記録的な大雨になる地域もあるといった予報でしたので少し心配でしたが海から渓流に行き先をチェンジします。

 

 

21日の当日早朝、いつもの東吉野に車を走らせます。
自宅を出る前に、現地の降雨量と川の水位を調べて来ました。
深夜2時ごろにかなりの雨が降ったようで自宅を出たときの時刻にはすでに雨は止んでいましたが川の水位はまだ上がり続けてる状況でした。
すでに雨は止み、もう降らない予報でしたので、現地に向い、到着するまでの時間に、一旦上がった水位も上げ止って、少しづつ下がってくるだろう…そうすれば渓流では絶好の水況、渓魚の高活性が期待出来るので現地の川の状況を見るのが楽しみでしたが…

 

午前6時半に現地東吉野高見川に到着してみると…

まだちょっと早かった(汗)

 

本流は濁流です…
画像は高見川本流から、四郷川、木津川の両支流に分かれる分岐近くのものですが、どちらからの流れも濁りがキツい状態です。
それでも少しは川の水位が下がってきてるのか?と、この時にスマホで水位を見れるサイトで水位の変化を調べてみます。(便利な時代になりました…)
すると、下がるどころか自宅を出た時よりも増えていて10分おきの水位変化を見てもまだ増え続けています。

あらら…さらに上流の様子も見に行きます。
いつも入る四郷川の支流に来ました。
下流部の濁りよりは若干薄いですが水位は高くちょっと躊躇するほど…ましてまだ水位が上がり続けてる状況では危険です。
とりあえず水位が上がり止るのを待ちます…
いや正直、待つか、もう帰ろうか迷いました(笑)
いつ水位が下がりだすのか解らない状況でしたから…

 

しばらく様子を見るのに時間潰し…
四郷川のさらに上流の大又川を見に行きました。
車で状況を見ながら走ります。

 

大又川の最下流部の集落周辺から有名な滝(?)七滝八壷あたりは、いつも入る沢よりはなだらかな流れで水位の上昇が収まれば何とか入れそうな感じです。
それでも流れは濁っていてまだしばらくは沢に入れそうにない感じ…

午前9時くらいの大又川の流れ…

 

一旦、四郷川にある、やはた温泉の駐車場にもどって休憩です。
あちこち見て回り、休憩をし、そこで水位変化を調べてみると…水位はやっと上げ止まった感じです。

 

これで何とか釣りが出来そうと、トイレを済ませ、着替えて準備します。
再度、上流の大又川に行きます。
時間はもうすでに昼前の11時前、大又の集落あたりから薄濁りの残る沢に入渓です。

 

水位がまだ高いので釣れるポイントが限られる上、遡渓するのも大変…ひとつの釣りが出来そうなポイントがあれば丁寧に釣っては上がっていくのでペースはなかなか上がりません。

高活性を期待しましたが、まだ水位が高すぎるのか、ルアーが流れがキツすぎて魚が食うポイントに入れきれていないのか…期待とは裏腹にしばらく魚の姿は見れません。

 

それでも少し緩やかな流れが続くエリアに差し掛かるとやっと魚の反応が見えだします。
流れがキツイ分、この日はミノーをよく使いました。
この日のファーストフィッシュはDコン45でした。

18㎝前後のアベレージサイズのアマゴ、綺麗な魚体ですね…
やっと釣れました(汗)

 

アップクロス気味にキャスト、流れを利用してココぞといったポイントでトゥイッチで誘います。
ヤル気のある奴が居ると飛んで出てきますが、魚達にとってもまだ少し流れがあって思うとおりに泳げないのかミスバイトが多くフックアップに至りません。

 

ゆっくりですが、反応のあるポイントでルアーを変えたり、ルアーを引くコースを変えたりして狙います。
魚の見える頻度は上がりますが掛けられずモヤモヤしながらポツリポツリと釣って行きます。

これもDコン…

 

ミスバイトが多い上に、やっと掛かった!と思ってもよくバレます…特にミノーはバレる…
それでも魚の反応が多いと楽しいんですが…
それでももうちょっとキャッチ率を上げないと…まだまだ修行です…

 

 

チャラチャラの浅い瀬が続くような場所はスピナーで引いてきます。

ルブレックス、セルタですね…

 

画像見てもらうと判ると思いますが、自分で改造してます(笑)
スプリットリング無しで現地でフック交換可能になってます。

慣れるとプライヤーも不要でOKです。


0.6mmのステンレス線曲げて簡単に出来るので興味の有る方はまた店で声掛けて下さい♪

 

 

昼過ぎの13時くらいでしょうか、10匹釣った時に一度、車に戻っておにぎりを食べて小休憩…

 

再び沢に戻りますが水位は少しづつ落ち着いてきている様子…
16時頃には終了する予定だったので後半戦は少しペースを上げていきます。

 

 

前半戦で反応が良かったロケーションと近いような場所をテンポ良く釣り上がります。
淵のような水深のある場所では魚が居てて姿は見せるのですがルアーの追いはあまり良くなく、平瀬など水深が深すぎないポイントに居る魚の方が活性が高いようでした。

相変わらずキャッチ率は低めですが(笑)

魚の反応は増えてきました。

 

水位も落ち着いてきて気が付くと濁りもほぼ無くなってきています…せっかく状況が良くなってきてるのに時間が無い(汗)
あともう2時間早く水が引いて欲しかった…と、自然相手に嘆いても仕方ありません、今の状況を時間いっぱい楽しむしかないです。

 

時間が無かったのでこの辺から釣った魚の画像少な目です(苦笑)

この魚はスピナーですね…
スミスのAR-Sです。

 

 

しかしこの後からは残り時間も少なくなってきたので、この日に一番魚の活性が高かったパターンに絞って釣っていくことに…このあたりからは、ほぼミノーで通しました。

 

水位も下がって流れもおとなしくなってきたタイミングでルアーサイズも落としてDコン38です。

 

良かったのはこんな場所…

平瀬ですが、もうちょっと規模が小さくてもOK…アップクロスで瀬落ちの白泡の向こうや対岸際にキャスト、そこからトゥイッチを入れるとルアーが流れを横切るかどうかの時には魚が突っかかってきます。
それで掛かりますが…

 

はい、そうです…バラシが多いです…

ただ、ひとつ気付いたのは、ミノーをを引くレンジ…

水面近くではなく、着水後にすぐアクションさせずに少しミノーを沈めてからアクションを始める方が圧倒的に魚の反応が良かったこと…
特にミノーサイズを下げてDコン38を使用した時はしっかり沈めないと軽いルアーは浮き上がりも早いので気を使ってルアーコースとレンジを意識しました。

 

 

そんな感じで後半はテンポ良く釣り上がっていったので、バラすのもかなり多かったですが釣れるペースも上がったように感じ、かなり楽しい時間となりました。

 

 

調子が出てきましたが時間はもう16時頃…
いい状況の時に釣りを止めて帰るのも踏ん切りがつかず、キリの良い時にどこかで終了しないと…と考えて釣り上がってると、良さげなポイントが目の前に…

 

沢から上がるのもすぐ上がれそうなので、ここで1匹釣って終了と決めてルアーをキャストすると狙い通りのキャスト、着水してからひと呼吸待ってアクションしたと同時にヒット!

この最後の1匹、バラしたら帰れません(笑)

何とか無事にキャッチしました♪

 

 

もう1匹出るかも…

欲張ってしまいました…

普通こんな時は良い事ない方が多いんですよね…

泣きのラスト1投でしたが…


ラストもドンピシャのキャストでした…

トゥイッチを入れると…

 

またまた来ました!
連続ヒットですww!!

 

で、これもキャッチ!!

 

抜き上げる途中に、んん??

イワナやん!?

納得しました、これで終われます…

 

水位も魚の状態も絶好の状況でしたが…イワナを釣り上げたところで終了としました。

掛けた数はかなり有ったのでいっぱい釣った気でいてましたが結局キャッチしたのは18匹でした…

 

掛けたもののバラしてしまった数は倍できかったでしょう…それでも昼前から夕方まででこれだけ釣れれば上出来ですね。
楽しませて頂きました。

しばらくは高活性のパラダイス感を楽しめそうですが…(笑)

また暫く天気が続きそう…水位がまた下がってくるのでこの良い状況がいつまで続くのかわかりませんね。

適度な雨が時々あれば良いのですが…

魚のコンディションはバッチリです、まだまだ渓流楽しめますよ!

まだ行きますので、調査は続きます…またレポートします。

ショップニュース一覧を見る