「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

ならてん 奈良店

ショップニュース

2019年2月11日その他・お知らせ

深海のアコウダイ釣りに行ってきました!

旬の魚アコウダイを求め深海釣りに行ってきました。

今シーズンはアコウダイの釣果が日によってかなりムラがありますね~。その原因は潮がモーレツに速くアコウダイに口をつかわすのが難しいのが原因です。

三重、和歌山どっちに行こうか悩みましたが釣果が安定している和歌山の大宝丸さんに決定!

5時に大宝丸さんの事務所に行き船長と打ち合わせ、その時に状況を聞くと和歌山も連日潮が速く、酷い時は二枚潮がキツイとの事。そんな悪条件でも釣果が安定している大宝丸さんは凄いです。

6時前に浦神港を出船し串本沖を目指します。

浦神沖なら20分ほどでポイントに着くのですが串本沖は1時間ほどかかりワクワク感が3倍継続します(笑)

 

串本沖に到着です。

連日、潮が速いのでオモリは500号を使用します。

一投目投入です。水深は530mラインは560m出て糸フケを取り底取りをしながら流していきます。船長がマイクで根掛かりしたら強引に外さずそのまま糸を送っていってと指示されます。一人、根掛かり、2人目根掛かり・・・。気付けば私以外全員根掛かり・・・。

そして私の仕掛が皆様の仕掛を引っ掛け、ありえない竿の曲がりに・・・。すみませんオマツリです。

松浦様は捨て糸が切れオマツリ騒ぎには巻き込まれず先に回収。

その第一投目で松浦様がアコウダイを1匹キャッチ!

良く釣れる日は一投目で誰か釣るので今日は爆釣?っと思いながらオマツリした仕掛を必死にほどきます(笑)

普通なら釣っている写真や釣り上げたタイミングの写真を撮るのですが私の仕掛がオマツリ無し根掛かり無しで戻ってきたのは全10投入ほどで、まさかの1回でオマツリ解き仕掛作り餌付けなど忙しく写真を撮る余裕がありませんでした。ここから画像無しです。すみません。

第二投目、早々松浦様にアタリが!連掛を狙うのに糸をどんどん送っていってます。潮が速いので150mほど糸を送ったところで松浦様がゆっくり引き上げ、その後全員引き上げ、またオマツリ…。松浦様は良型のアコウダイをキャッチされていました。

その後、松浦さんと私にはアタリがありませんでしたが、他のお客さんは3点掛け、2点掛けとアコウダイを追加していきます。

私は底ギリギリを仕掛を流したり、たまに底をハワしたりして釣っていてアタリがありませんでしたが他のお客さんは投入後すぐ根掛かりをさせ仕掛を放置して釣り上げています。ちなみに、この事に気付いたのはお昼頃で私はそれまでボウズでアタリの回数も0回でした(汗)ただ釣果に差が出ているので仕掛は勿体無いが次の流しでは仕掛放置作戦を実行!船長がマイク「いいポイント入ったから当たってもいいねんけどなぁ~」の声と同時に仕掛を引きずりわざと根掛かりさせました(すみません)その後、糸を送り仕掛を放置する作戦に!それが成功し2点掛!しかし私のアコウダイだけ40cm弱で小さく写真は無し。その後同じ作戦を繰り返すが捨て糸が簡単に切れたり、まさかの道糸が切れたりで2匹で終了でした。

竿頭さんの写真を頂きました。

大阪から釣りに来られていました。残念ながら顔出しはNGでした。

大宝丸に釣りに行けば船長が親切にアドバイスしてくれますよ~。

釣りに行って思いました。なんで大宝丸さんの釣果が安定しているかが、悪条件の中でも船長のアドバイスで釣果が変わります。もし私が普通の釣りをしていたらボウズで終了していた可能性が大でした。船長ありがとうございました。

放置釣法は仕掛やオモリをかなりロスしますが高級魚のアコウダイが1匹掛かれば元が取れます!※状況によってわざと根掛かりさせると他の釣り人の迷惑になったり船長に注意されることになりますのでご注意下さい。

 

 

大宝丸さんにはレンタルタックルも有り。入門者の方でも深海釣りを楽しむ事ができます!水深500mオーバーの深海釣りに是非チャレンジしてみて下さいね!

ショップニュース一覧を見る