「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

ならてん 奈良店

ショップニュース

2018年12月6日その他・お知らせ

良型カワハギを狙って…和歌山、加太へ行ってきました!

良型のカワハギを狙って和歌山県加太の三邦丸へ…大型のキモパンカワハギはキャッチできたのか!?

どうも、スタッフ松原です。

12月というのに最高気温が20度を越える日が多く季節感が全く感じられない今年の冬となっていますね

和歌山県加太の乗合船、三邦丸では例年に漏れず今年も大型のカワハギが釣れているようです。

去年も行きましたが今年もいつ行こうかタイミングを計っていましたが、12月5日に時間が出来たので行ってきました

この日も朝から気温が高く、過ごしやすい天候で釣り日和

三邦丸のカワハギ便は朝からの1日便と昼からの便の1日2便出ているのですが、当日は昼からの便のみでしたので12時出船を予約、11時過ぎに現地に到着。

今回は奈良橿原店のスタッフ、吉田と当店のお客様、森岡さんも一緒に釣る事になっています。

2人はすでに到着していたので3人揃って事務所に受付し、抽選時間までに準備を済ませます。

11時45分から抽選があり、3人は左舷トモ近くに並んで釣り座を確保、抽選を終え、すぐに乗船します。

タックルの準備をし、あとは出船を待つのみ…

年々高まるカワハギ人気、この日も平日ながらカワハギ便には沢山の方が乗船されていました。

12時に出船、港を出て船は西に向かって田倉崎沖周辺がポイントのようです。

ポイントまではすぐでした、船速が遅くなってそろそろ釣り開始となりそうなのでカワハギ専用の胴突仕掛けの3本鈎にエサを付けます。

エサはマルキューから発売されているアサリの付けエサ、カワハギゲッチューを使用、それを予めにバクバクソルト、これもマルキューの製品ですがアサリを締める粉末エサ、これを振りかけて全体にまぶして締めたあとに海水で洗います。

これでアサリを締めるだけでなく、ヌメリを取ってエサ付けが楽になったアサリを使用します。

実際に処理した後のアサリの画像です…

プリッとしてエサ付けのしやすさはもちろん、エサ持ちも良さそうです♪

この細かい作業をするかしないかで大きく効率が変わるのでこのエサ対策はカワハギ釣りにおいては必須ですね…

 

前置きが長くなりました…(汗)

仕掛にエサを付けて釣り開始です!

水深は30mほど、底を取って釣るのがセオリーですが、仕掛を少し前に振り込んでから横に引いて仕掛が自分の下に来てから上に探っていき広い範囲で探る釣りから始めてみます。

広く探る意味だけでなく、乗船人数が多く、同じ場所にいくつもの仕掛けが入ることになるので少しでも自分の仕掛けをズラして釣ることにもなります。

振り込んだ仕掛けを底まで落し、仕掛に細かいアクションを付けながら横に探るとモゾモゾとカワハギではないエサ取りらしきアタリ、手前まで引いてきて仕掛が真下に来た所でアクションを付けたまま上に誘って行きます。

底から1~1.5mほど仕掛を上げて、次はゆっくりフォール…そのフォール中にビビンッ!と穂先にアタリ、フォールを止めて聞いてみるとククッと穂先が押さえ込まれるのでアワせると竿先が叩くようなカワハギ独特の重量感!

幸先よく本命カワハギをキャッチです♪

期待の良型カワハギではありませんでしたが本命が釣れてまずはひと安心。

この1匹でカワハギは少し浮いているような感じがしました。

周りを見ると、竿はあちこちで曲がっていますがカワハギを釣り上げているのは自分だけ…他の方は磯ベラばかり、これがエサ取りのようです。

きっとみなさん底でこいつにやられてる、底は磯ベラ、カワハギはその上に居ると読んで…次は底を取ってすぐに誘い上げ、上からゆっくり誘いながら仕掛を落し込んでいく釣りで底よりも少し上を中心に探ります。

するとまたまた仕掛をゆっくり誘い下げている時にアタリ、今度は初めから竿先を持っていくようなハッキリとしたアタリでアワせた時にすぐ良型とわかる手応え!

何度か締めこむカワハギの引き、楽しいけどハラハラです(笑)

慎重にやり取りし水面までカワハギを浮かせて一気に抜き上げます。

なかなかの良型です♪

読みが当たってしてやったり…周りでもまだカワハギが釣れていない中、連発でキャッチ!

 

しばらくは同じ釣りを通します。

そこからペース良く釣れます。

昼からの便で午後5時前までの釣りなので実釣時間は短時間勝負、釣れてるうちに数を稼ぎたいところです。

開始から1時間ほどで5~6匹ほどは釣ったでしょうか…

周りはほぼ釣れていない様子…

左隣りに座っている橿原店スタッフ吉田もアタリは有るが掛からないと苦戦しています…軟らかい竿を使って釣ってみたいとセオリーを無視した釣りにチャレンジした結果ですが(笑)

反対側の森岡さんも同じく苦戦していましたが、逆に釣れてる自分以外はほぼ同じような状況で、当日は結構厳しい状況だったと思います。

潮も早く、オマツリも多く釣り辛かったので、たまたま自分がやったことがその時にハマっただけだったんでしょう…

なのでしばらくして少し状況が変わってからはアタリが急に遠のきます。

潮が変わったのか船が少し北側にポイント移動をしました。

それからは底から仕掛を上げるとほとんどアタらなくなってしまいました。

仕掛を前に振り込んで横に探ってもあまり効果無し…

底近くで根気良く誘ってるとアタるといった感じで、それもカワハギのものは少なくなってきました。

吉田も硬めの竿にチェンジ、仕掛を底に落し、底でシェイク、その後にポーズしアタリを待つという釣りでアタリを出しているようです。

掛けるのに少し苦戦しましたが見事掛けるのに成功!

今日初のカワハギをキャッチです♪

自分は横の釣りと底から少し上の棚まで意識した釣りを続けていましたがアタリは有りません、しかし吉田はここから底の釣りでアタリを出していきます。

アタリは有りますが掛けるのが難しいようで…それでもポツリポツリとカワハギを追加、中には掛けたのに良型カワハギが掛かり鈎が伸びてバラしたりと思うように数が伸びない中、とうとう良型をキャッチしました!

良いカワハギですねぇ♪

自分も底を意識して狙うようにします。

浮いたカワハギを意識して仕掛けも鈎間隔の長いタイプの仕掛けを使用していましたが短い物に変更、一番上の鈎から集器までの長さも短くなって、竿先でアクションした誘いが底の仕掛にも反映しやすい状況にします。

残り時間わずかとなり、最後は底を意識した釣りをすることにしました。

この仕掛が良かったのかどうかは分かりませんが、長くカワハギを追加することができなかったのに立て続けにカワハギのアタリを捕らえることが出来、大型のカワハギではありませんが終了間際にツ抜けを達成しました♪

船カワハギ初挑戦の森岡さんは、終了間際までカワハギはゼロ…

磯ベラやトラギスなどの外道だけでも面白かったわー♪ともう諦めのコメントを言っていましたが、最後まで諦めたらだめですねぇ(笑)

なんと、最後の流しで森岡さんの竿が大きく曲がっています!

竿先がガンガンガンッと大きく叩いています…

それ絶対カワハギです!(笑)

見てるこっちも、取り込むまでドキドキです…

水面に見えたカワハギは良型、一気に抜き上げます!

 

やりました!

立派なカワハギです!!

やっぱり、トラギスや磯ベラじゃなく…

カワハギ!

釣れないより釣れた方が楽しいです!(笑)

いやぁ、ほんとに良かったですね♪

5時10分前、釣り終了です…

港に着くころには薄暗くなっていました。

短時間の釣りでしたが楽しめました。

自分は良型含み10匹のカワハギをキャッチ、吉田は4匹だったようです。

 

帰ってカワハギを捌くとお腹には大きなキモが入っていました。

刺身とキモポン酢で食べましたが絶品でした♪

これ味わうと次またいつ行こうか考えてしまいますね(笑)

三邦丸のカワハギ昼便は4900円とお手軽な料金設定なので比較的チャレンジしやすいですね…

水温が下がってくると難しくなってくるので早めの釣行をオススメします!

う~ん…今年中にもう1回行こうかな…

ショップニュース一覧を見る