「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

ならてん 奈良店

ショップニュース

2018年10月7日その他・お知らせ

大阪湾船タチウオ『小さいのんしか居らんかったら、それ釣るしかないやん!』の巻

今年はほんま小さいのんばっかですね…ちょっとコツがわかりかけてきたかもww!?

こうも毎週毎週台風が来て天候が安定しないとなかなか予定が立て辛いですが…

それでも空いた日には何とか釣りに行こうと企んでいる松原です…

台風接近中と言われていた10月5日も行って来ましたよ!

前日の4日に、毎度の泉南小島漁港の第二小島丸さんに電話しました…

台風近づいてきてるけど明日どないですか?の問いに、船長が明日は大丈夫、出るよぉ!の返事。

はい、じゃあ行きますと即決。

タチウオ釣り確定です。

 

今年のタチウオは例年になく小型が多く、タチウオファンを悩ませていますね…

小型対策でテンヤの上に胴突き仕掛けのように枝バリを出してる船も多くあり、船に乗っていても今年はよく見かけます。

自分はテンヤで釣る事にこだわって枝バリは使わないんですが自分にはアタリが無いのに隣りの方の枝バリ仕掛けには掛かってくる…そんな光景を今年は見続けてきました。

自分と同じテンヤオンリー派はショートシャンクのテンヤを使ったり、エサを小さくしてテンヤのシルエットを小さく見せる、シャクリを変える、スロー巻きで誘いをおとなしくしたりと、どうにかして小さいタチウオを攻略しようかと悩んでおられる方がほとんどでしょう(笑)

今回は始めに言っちゃいますが…ちょっと掴めてきたかもです(笑)

小さいタチウオに今期はかなり悩まされましたが今回何かを会得したのか50匹以上のタチウオをキャッチしました!

もちろん、枝バリ無しのテンヤのみです。

良型タチウオはありませんでしたが、小さいヤツしか居らんなら、それ釣るしかない…それを攻略できたような気がして納得の釣りとなりました。

結果からのレポートとなりましたが…

6時出船でポイントは小島沖、水深は50m前後とタチウオポイントとしては最浅ポイントといっても良いほどの水深でした。

やはり朝イチはいつものごとく普通にアタリます。

活性の高いタチウオたちはプンッ!と穂先を跳ね上げてくれますので、当たり前のように合わせると掛かります。

アタリは仕掛を投入するごとに有りましたが、その楽勝タイムは1時間もありませんでした(笑)

前回はスタートダッシュでツ抜けとなりましたが、今回は5匹ほどだったでしょうか…

その後は連発とはいかないアタリを苦労して取っていく釣りとなりました。

釣れない訳ではありませんが、ペースが一気に落ちてしまいます。

こうなるとスロー巻きでゆっくりした誘いが有効になってきます。

ストップ&ゴーでのポーズを長めに取ったり、シャクリをおとなしめにしたり…もちろんスロー撒きも試します。

喰い渋ったときの一般的な対応ですね…

それなりに釣れますがどれも決定的ではなく、アタっても掛からないことも多くモヤモヤした状況は打開できませんでした。

しかし…たまたまやった誘いがいい感じでタチウオが反応しました。

反応というよりもアタリの出かた、こんなアタリがタチウオのアタリと決め付けていただけなんだと気付かされたというか…

ちょっとうまく表現出来ませんが、あるアクションがチビタチウオでもテンヤに掛かりだします。

船上は決して釣れてない訳ではないのですが、ポツリポツリと釣れている程度の中、自分は仕掛を降ろすたびに何らかのタチウオの反応があります。

画像はサンマエサですが、イワシでもサンマでも試しましたが同じようなアタりかただったので最後はエサ持ちが良いサンマで通しました。

今回、同行してくれた山本くんも20匹以上釣っていましたが、釣ったタチウオのサイズはやはり良型はありませんでした。

これがアベレージ、いや、アベレージよりも良い型ですね(笑)

船ははじめから最後まで小島沖を離れることなく釣る事になりましたが例のコツを掴んでからは最後まで小型タチウオばかりですがコンスタントに釣れ続け最終的にテンヤのみで54匹キャッチしました。

コツを掴んだとはいえ、これがこの日だけのパターンだったのか、これからも通用するのかはまだわかりませんが、次回また試してみたいと思います。

誘い方を具体的に説明するのが難しいんですが、興味のある方は御気軽に店頭でお声掛け下さい♪

しばらく小型ばかりの釣りになりそうですが…修行と思って頑張ります(笑)

はい、近々また行きますよww!!

次はひとつだけでもおっきいのん釣れて欲しいな…

ショップニュース一覧を見る