「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

ならてん 奈良店

ショップニュース

2018年8月8日その他・お知らせ

急げ!!東吉野『高見川』!!掛かりだしましたょ~(笑)

新垢が付きだし、ますます楽しみな高見川です♪

どうも、松原です。

暑さも少しピークを越えた感もありますが、それでも熱中症対策は万全にしないと危険な状況の日が続いています。

先日、有田川か高見川か…鮎釣りをどっちに行くか迷って有田川に行き、チビ鮎に遊ばれてきましたが、今回は迷わず高見川!!(キッパリ)

期待を膨らませて行って来ました(笑)

8月7日、上流から所々車を止めては川を見ながら現地入り…

途中、木津川の橋岡オトリ店で着替えを済ませオトリを購入、そこからさらに本流まで下って数箇所川見します…垢付きはもう少し良いと思っていました流れのある瀬の流芯なんかはまだ少し早いかなって感じ、しかし大きい石まわり、ゆったりした流れの石まわりには垢は付いていてそこには結構な数の鮎が見えています。

それだけあちこち見ながらも、この日入る場所は、家を出る前からすでに決めていました(笑)

前回の高見川釣行で気になっていた所があって…その時には時間が無くほとんどそこで竿が出せなかったので次に水が出たらココに来よう!と決めてたんです。

そこそこの水深があり適度な石が底に入っている平瀬があるポイント。

午前9時、期待して養殖オトリを比較的流れが緩やかな大きな石の裏から入れます。

いきなり流れの中にオトリを入れても養殖オトリは泳がないので、しばらくオトリを流れに慣れさせ、自分で泳ぐような感じになってきたところで引き気味に石裏から石の横、前へと誘導します。

するとすぐに掛かりました!

やっぱり♪

下流に流される目印を追います…すると視線に黒い影が…

5mほど向こう、遠くの目印を見ている目の前にいきなり影が入ってきたので始めは何!?何の虫??

って感じでしたが、目線手前の影に目のピントが合った瞬間、『うわッ』って声が出ます。

スズメバチでした…

目の前にスズメバチ、目が合うんちゃうかってくらい…自分、高見川では本当によく遭遇するんです。

少し逃げたくらいじゃダメでした、50mくらいは逃げたでしょうか…鮎が掛かったまま(笑)

スズメバチが居なくなったことを確認して掛かり鮎を引き抜きます。

口掛かりの掛かり鮎は、真っ白けのガリガリ君でした(汗)

ガリガリ君ではありますが頑張ってもらうしかありません。

ハチの攻撃が怖いのでお気に入りポイントには戻らず、逃げてきた少し下流側でガリガリ君を送り出しました。

しかし、垢付きがイマイチなんでしょうね、掛かる鮎は白く瘦せた鮎ばかり…

それに口掛かりが多い…多いというよりもほぼ口掛かりで、ハリスの長さやハリを変えますが効果なしです。

広く探ってみますが、瀬の中は思ったよりも良くなく、ヘチの水深があるような少し緩やかな流れの中にある大石なんかに良い鮎が付いてるようでそういった場所を竿を立ててオトリを泳がせると比較的コンディションの良い鮎が掛かりました。

それでも口掛かりは多いですね…

しかし、この瀬の中からは良いのが掛かりましたよ。

瀬の中の目印が吹っ飛び、浅い瀬の流れに乗って一気に下流に持っていかれました。

この平瀬のすぐ下は落差の大きい段々瀬、その瀬の下まで降りて流れが緩やかな淵まで行ってキャッチしたのは23~4cmほどのグッドサイズでした!

長さは有りますが、でもやっぱ瘦せ気味ですね…

本命ポイントの下流部でやってましたが、もうスズメバチも居ないだろうと朝イチのポイントに戻ります。

期待の場所でしたが、やはり瀬中心のポイントでしたのであまり反応は良くありませんでした。

もう少し垢が付きだしたら好ポイントとなるんじゃないですかねぇ…また来ます(笑)

ポイント移動です。

午前11時で20匹弱掛けたでしょうか、下流の淵で水遊びしてるファミリーを横目にさらに下って、朝イチの状況を考えてこんなとこ…

いい感じの石が入っているこんなポイントで竿を出してみます。

左の大岩の横に立ち手前の砂地からオトリを送り出します。

川底を這うように深みにオトリが入っていき、川底の一番手前の石にオトリが差し掛かった途端にギラリ!

もう掛かったやん!

ここのは黄色い鮎でした。

またそれを送り出すと、元気なオトリは自分から石が沈んでる方にスウーっと泳いで行きます。

するとまたギラリ!

5連発ほど出し掛かりです♪

黄色いのが背掛かり♪

やっと調子が出てきましたww!!

小さなポイントなので連発してもずっとは続きません。

似たような場所にオトリを入れると数匹はテンポ良く掛かります。

引っ張りすぎは禁物、粘るとオトリが弱るだけなのでテンポよくポイントを変えてヤル気のある鮎を釣って行きます。

画像のような水深があるポイントも良かったのですが、ドチャラの新垢狙いも掛かりましたね、元気なオトリを回せたらの話ですが…チビが掛かったり、この日多かった顔掛かりがあると一気に効率が悪くなります。

しかしあまり誰もやらないのか良型もこういった場所で掛かりました。

少し前のアベレージよりは釣れる鮎の大きさは小さくなった感じですが、ペース良く掛かるのでとても楽しい釣り…一度、水分と食糧補給の休憩を挟み4時半まで楽しみました。

後から数えると、掛けた鮎は52匹、満足の結果となりました。

しかしながら、ポイントによってはまだ充分に垢は付いておらず、顔掛かりも多く、白い鮎もかなり掛かってきました。

これが、瀬の流芯にも垢が付き、それに伴い鮎の活性も上がってきたら…

ヤバイ!(笑)

考えたら笑えてくるほど楽しみですやん!

50釣っても絶好調やない、まだ伸びしろ有るってww!!

今週は釣れそうですな…

ショップニュース一覧を見る