「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

ならかしはらてん 奈良橿原店

ショップニュース

2016年12月18日その他・お知らせ

串本カセに行って来ました!

ブリ回遊中!掛かった大物は…

11月くらいから串本のカセでブリの釣果がチラホラ…

タイミングが合えばブリを狙いに行きたいと思っていながら機会が無く、12月16日にいつもの上田くん(笑)と休みが合い、潮周りもいつもの太刀魚には向いてない潮なのでじゃあ串本までブリ狙いに行ってみようかと言うことで15日の仕事終わりで集合して、そのまま串本へ向かいます。

10時過ぎに出発、阪和道が見老津まで延びたので3時間足らずで串本に到着、仮眠をして午前5時前に現地のエサ屋でオキアミ等を調達、6時前に串本港の船着場に行きます。

今回お世話になるのは新栄丸さん、湾外にカセを付けてもらえるので水深もあるポイントで磯周りで底の形状も変化がありそうなポイントで自分がカセを利用するときはココを利用します。

6時過ぎに荷物を積み込んで出船、すぐに湾外のポイントに到着です。

湾外と言っても、北の風があっても完全な風裏となる場所です、これから北西の風が吹くことが多いですがその時のも釣りが出来ることが多いポイントです。

ポイントに着いてからカセをアンカーリングしてもらい釣り開始です。

早速、準備をします。

釣り方は完全フカセと天秤ズボで狙います。

まずが完全フカセ、普段は3号か4号くらいですがブリ狙いなのでハリスは6号、オモリ無しでフロロカーボンの道糸の重さだけで潮に乗せてゆっくり流し込んで行きます。

カセの上からは絶やさずに撒きエサをし、流し込んでいった仕掛けと同調させ、狙いの魚が居るタナに来たら魚が食いつくといった段取りの釣りです。

潮はあまり動いていません、仕掛けはゆっくりと沈んでいきます。

仕掛けを流し込んでいる間に天秤ズボの準備をします。

天秤ズボのオモリは30号、ハリスはブリ狙いには少し細めですが、5号にします。

普段は3号メインなのでそれでも太めではありますが…

ブリだけでなく真鯛も釣れるので、天秤では真鯛の食いも考えて少し細めで狙います。

開始すぐは大チャンス、完全フカセも天秤の仕掛けも準備万端!

いつアタリが来ても良いように集中します。

しかし、期待とは裏腹に潮の動きが良くなく、反応無し…エサ取りだけが活発に刺しエサだけを取っていく状況です。

一番最初のアタリは天秤仕掛けでした。

そんなに引きは強くなく、25㎝ほどの小さなイサキでした。

タナを上げたり下げたり…いろいろ探りますが本命のブリや真鯛からのアタリはありません。

すると完全フカセを頑張っていた上田くんの竿が大きく曲がります。

かなり道糸が出ていたので底近くに流していた仕掛けに何か食ったようです。

 

大きく曲がった竿、重量感のあるファイトですが…

走らない?(笑)

ブリでは無さそうですが…大事に行こう!

ゆっくりゆっくりやり取りします。

すこしづつですが大きく締め込むこともなく魚が浮いてきます。

自分はタモを持って取り込みを手伝います。

浮いてきた魚が見えてきました!

長いし大きい!

ブリ~??

では無さそう(笑)

色が違う…形も…

あwwサメww

大きく竿を曲げていたのはサメでした…

残念…本命でなかったとしても食べれる魚が釣りたかった上田くん(笑)

魚大好き上田くんですが、さすがの上田くんでもサメはリリース、海に帰ってもらいました。

その後も時々天秤仕掛けにアタリが有りますがウスバハゲやらサンノジ、イサキが自分たちが起きてるのか確かめているように掛かってくるくらい。

時間だけが過ぎていきます。

イサキやウスバさんはキープですが、サンノジさんは帰ってもらいました…

その中、ブリ狙いでの完全フカセで再度上田くんに大きなアタリが有りましたがサメの時と同じように走らない引き、サメかエイでしょう、しばらくやり取りした後にハリス切れ、ブリ狙いを諦めて、細いハリスに変えて完全フカセを始めます。

天秤仕掛けもエサ取りが多く止めて、最後の時間は上田くんとふたり、完全フカセのみでやってみることにします。

ハリスを3号まで落としました。

すると上田くんがイサキをポロポロと掛けます。

ブリは無くても何かお土産を釣って帰りたい…そう思いながらいっこうに思うように動かない潮ながらもラインをリールからゆっくり引き出しながら仕掛けを流し込んで行きます。

すると勢い良くリールからラインが出て行くアタリ!

バックラッシュに気をつけてサミングしながらリールのハンドルを回してクラッチを入れると竿先が小気味良く引き込まれます。

大きい魚では無いようですが走る魚です。

青物ですが重量感はありません…

ん?ハマチ??

シマアジィww?

なわけないか(笑)

期待しましたが…

水面に上がってきたのはサバでした…

それでも50㎝はある立派なサバです♪

上田くんお土産出来たで(笑)

こうなったら何でも良いので釣りたい。

ラストスパート、完全フカセを続けます。

日も傾いてきます。

串本のカセは早朝から午後4時までのロングランで楽しめますが残り時間は僅かです。

水深40mほどで潮があまり動いていないので50mもラインが出たらほぼ底近くまで仕掛けは行っていると判断、風でカセが振られるので出て行くラインが一定に安定せずに判断が難しいですが60mラインが出たら再度仕掛けを送り込み、集中して釣っていると50m出るかどうかのところでまたアタリがありました!

リールから勢い良くでたラインをサミングしリールのクラッチを上げて竿に魚の重量感を感じて掛かっていることを確認、リールを巻きます。

先程よりも走らないのでサバではない感じ…決して大きくはないですが、竿を叩く感じは真鯛っぽい…大事に行きます。

ゆっくりやり取りし水面に浮いた魚はやはり真鯛でした。

上田くんにすくってもらい無事に取り込み成功♪

45㎝ほどのきれいな真鯛!

大きくはないですが、目的のひとつの魚が釣れて嬉しい1匹です。

結局、最後ギリギリの時間まで頑張りましたが、この魚が最後の魚となってしまいました。

今回は残念な釣果となってしまいました…帰り船長と話しましたが、ここ数日で水温が一気に数度下がったらしく、魚の食いが悪かったのではとのこと。

水温が安定すればブリはわからないが、真鯛はまた食い出すのでまた釣果をチェックし、釣れだしたタイミングで再挑戦したいですね。

今回35リットルクーラー2つ用意し、足らないかも?と心配しましたが、ひとつでもガラガラ(笑)

次回はクーラー満タンにして帰りたいですねぇ…

次は太刀魚かな…

行ったらまた報告します。

スタッフ松原

ショップニュース一覧を見る