「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

いまばりてん 今治店

ショップニュース

2018年11月9日その他・お知らせ

スタッフ垣下の釣行記「二日連続ボートタイラバ・初日編」

スタッフ垣下です。

 

今回は、連休を利用して、二日連続ボートタイラバを楽しんできました。

 

まずは初日のレポートから。

 

天気予報では、東風が強いとのことでしたが、一応、東に向いている海岸に行ってみました。

 

やはり、東からの風が直接、海岸に打ち寄せて出航出来そうにありません

 

一路、西向きの海岸に移動しました。

 

なんとか、出航できそうです。

 

セッテイング完了後、出航します。

今日もエンジンは快調です。

 

ポイント目指してまっしぐら。

一箇所目のポイントに到着しましたが、今日は風が強く、また、うねりも多少あります。

ここにこの海域の潮流がリアルタイムで表示されます。

 

南流の3以下「S-3と表示される

北流なら1以下「N-1と表示される

になれば、この周辺で一番狙いたいポイントで釣りが出来ます。

 

特に今日は大潮なので狙える時間帯が短そうです。

 

手前の、潮流のゆるい所で釣りをしながら、この掲示を常にチェックします。

 

しばらくすると、タイドグラフの満潮前に、「S-3」の表示が・・・・。

 

急いで仕掛けを回収して、エンジン全開で沖のポイントに向かいます。

 

ポイント到着時には、潮流が「S-1」になっていましたので、魚探を駆使して、ここぞと思うところに、60g鉛ヘッド+中井チューンSTC2本セットを投入します。

 

着底後ハンドル2回点目で速攻アタリました。

 

フッキングはしたのですが、どうもファイトが有りません。

 

上げてみると、30cm近いショウサイフグでした。

 

ネクタイと針先をチェック後,もう一度その場に仕掛けを落とします。

 

着底後ハンドル3回転で「ガツガツッ」とマダイ特有のアタリが手元に伝わります。

次の瞬間、ドラグが「ジュルジュル」となり、ラインが出て行きます。

 

「これは大きい」

 

そう思い、いつもよりも慎重にやりとりを行います。

 

そして水面に現れたのは・・・。

久々の大物マダイでした。

 

このやり取りの後、掲示板の表示を見ると、「N-1」に変わっていました。

 

60gを落としたのですが、底が取れず、80gも使ってみましたが、いつの間にか「N-3」に変わっていて、

 

最終、80gを2個付けてみましたが、ラインは水面とほぼ一直線に流れていきました。

 

このポイントを諦めて、潮流の影響が少ない所を探してウロウロしましたが、どのポイントでも水深15mを超えると80gでないと底がとれませんでした。

 

この後、ミニサイズを一匹追加して終了します。

最近のテーマは、タイラバは右ハンドルか左ハンドルのどちらがいいのか?

 

そのために、ギヤ比と糸巻量を一緒にした2タックルを使い分けています。

 

タイラバは、一定速度でブレずに巻くことが基本とされているので、右利きの人は右ハンドルが有利とされていますが、本当にそうなのか、エギング・メバリングなどは左ハンドルで巻くのですが、餌釣りなどは右ハンドルで巻くことが多いので、はたしてどうなのか?

 

これからも検証したいと思います。

 

ちなみに、本日は、2匹とも右巻きで釣れました。

本日の釣果です。

63cm位です。

店舗にて記念撮影です。

明日も出撃するので、明日の為にタックルをセッテイングしておきます。

 

メインはメビウスカーリーと中井チューンSTCSです。

 

中井チューンSTCSは最近、追加カラーも加わって選ぶ楽しさが益々アップしています。

 

当店では、各色取り揃えて販売中です。

(人気商品に付き、品切れの節はご容赦くださいませ。)

ショップニュース一覧を見る