「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

ながはまてん 長浜店

ショップニュース

2017年11月3日その他・お知らせ

ワカサギ釣りに行って行ってきました。

こんにちわ。スタッフの片岡です。

今回は、余呉湖の解禁が待ちきれず、兵庫県丹波篠山の佐中ダムに行ってきました。

現地到着は、朝6時半。気温は5度。朝靄の中、釣りをスタート。

開始してから水深5mぐらいでワカサギと思われる反応が同行して頂いたハリミツの石塚氏の魚探に反応があり、実際アタリも出ましたが、掛からず。やっと掛かった魚のサイズは、5cm程度。

すぐに仕掛の針のサイズを1号から0.5号に変更し、探っていきますが、アタリなし・・・ドームの方がアタリがポツポツ出ているということで移動しましたが、ここも不発。その後の桟橋をウロウロ。他のお客様を見るとポツポツ釣られています。そんな感じでウロウロしていると気づけば、もう10時。このままでは・・・・という思いで、釣っておられる常連の方に棚を聞くと、2.6m前後で釣れていると教えて頂き、隣に入らせてもらうと、即アタリ。それからが怒涛の入れ掛かり!!!

棚は少し前後しましたが、2.6m前後でアタリが集中!フォールでも掛かり、ダブル、トリプルで掛かる状況。

同行してもらったハリミツの石塚氏の仕掛は、圧巻の5連!!

釣れ始めてから1時間半で80匹を超える釣果で用意した2袋の紅サシがなくなってしまいました。群れが入り、釣れる状況でもエサ交換は小まめにしていると釣れ続きます。

その後は、棚がバラバラになり、エサもカスカスで、ポツポツしたアタリを取り、何とか三桁の釣果を出せたところで帰る時間になり、釣り終了。200匹を超えた釣果を出されたお客様もおられました。まだまだ修行が足りないですが、楽しい1日でした。

今回使用した仕掛は、ハリミツの今期の新製品「極短ワカサギ」。

赤針のフッ素コート仕様でエサも刺しやすく、ワカサギの掛かりも良く、使いやすい仕掛でした。赤針ということで、解禁の待ち遠しい余呉湖にも最適の仕掛であると思います。

その他、詳しくは、スタッフまでお気軽にお問合せください。

ショップニュース一覧を見る