「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

あんじょうてん 安城店

ショップニュース

2021年3月2日その他・お知らせ

衣浦湾バチシーバス釣れてます!

衣浦シーバス、バチ抜けパターンベストシーズン到来!

この大潮は大きな群れが入り、各地で好釣果が聞かれます。

お客様からの釣果報告も多数いただいています。中にはランカーサイズをキャッチした方も!

これからしばらくは大潮ごとにお祭り開催です♪

最近シーバスを始められた方は「バチシーバス」って何?って感じかもしれません。

青イソメや石ゴカイ等の虫類の産卵行動で、一斉に底から水中に出てくる現象で、シーバスは楽してエサを食べまくることができます。

なのでこの時期は魚を追い回すよりも虫類を偏食しています。

この「バチ抜け」という現象は初期は大潮毎に起こり、後半になるにつれて不定期に変わっていきます。

一年で一番シーバスが釣りやすい時期で、パターンにはまれば入れ食いもしばしば味わえます。

キモはその時湧いているバチの種類に応じたルアー選択と動かし方。

この時期はルアー選択がシビアで、ちょっとレンジが違ったり、カラーが合わないと喰わなかったりするので、釣り場には多くのルアーを持ち込みます。

 

例えばこんなラインナップ

左から

DUO・マニック95

自分の中では絶対的エースで、初期から終盤まで必ず投げます。遠投が効く115も場所によっては必需品。

REED・フィール120SG

特に初期の「流される系のバチ」には有効で、店長の中では絶対的エース。

メガバス・カッター90

後期のクルクルバチパターンでは必需品。昨年は90UPもキャッチされました。

アイマ・アルデンテ70S

こちらもクルクルバチパターン用。バチのサイズが小さい時は最強。

ジャクソン・にょろにょろ105

元祖バチルアーにして今なお1軍!

アピア・ハイドロアッパースリム100S

大きな引き波が「泳ぎバチ」に効果あります。

ロンジン・プレックス

初期の底バチに強いルアーです。プレックス水面直下とレンジの使い分けができます。

ガイア・エリア10

バチ系な形状ではないが「なぜか釣れる」と言われ全国的定番になったバチルアー。

タックルハウス・ローリングベイト55

底バチパターンの必需品。周年使うルアーでもあります。

 

他にもいろいろありますが、自分の主力はこんな感じです。よく使うルアーはカラーも数色用意するのでBOXはパンパンですが、現場で後悔したくないですしね。

 

バチ抜けパターンは例年5月頃まで楽しめます。シーバスを始めるには絶好の機会ですので、やったことない方、ぜひチャレンジしてみて下さい。ハマリますよ~!

いつでも店頭にてご相談ください!

 

ショップニュース一覧を見る