「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

ならてん 奈良店

ショップニュース

2017年12月7日その他・お知らせ

寒さに負けず…またまたカワハギ行って来ました!

今年一番の冷え込みの中、キモパンカワハギ狙ってきましたょ!

どうも!

スタッフ松原です。

本格的に冬ですねぇ…

12月ですもんね…

寒さも堪えるような冷え込みの日も多くなってきましたが、12月5日、休みでしたが数日前からその日は前日からの雨が上がり、冬型の気圧配置になって気温が下がるのがわかっていました。

しかし、その日はよく一緒に釣行している野津氏から『最近よー釣ってるみたいやけど、おれもそのカワハギちゅー奴を釣りに行きたいんやけど?』というリクエストに応えるために予定していた日でした。

寒さは我慢するとして、風もそこそこ吹く予報です。

船が出るのか心配でしたが予約を入れた時点では微妙な感じでしたが、前日の夕方には出船が決定ということで釣行決行となりました。

今回はさらに、カワハギを釣りたいという野津氏のお友達、松本君が急遽参加することになって3名での釣行となりました。

この松本君、釣りは少ししたことが有るくらいで船釣りは初めてとのこと。

当日は少し波が高そうで心配でしたが、午前8時過ぎには現地和歌山加太『三邦丸』に到着、受付を済ませました。

9時から釣り座の抽選…左舷のミヨシ近くに決まり、乗船準備をして釣り座が決まった人から乗船していきます。

9時半に出船です。

港を出るとやはり波が高く、三邦丸の中でも大きな船のベルデ号ですが、結構揺れます。

しかし、この大きさだからこそまだこれくらいの揺れで澄むのかもしれないですね。

風、波があるなか、ゆっくりと西に船が進んで行きます。

友が島の南側、水深約20mあたりのポイントからスタートです。

加太の『三邦丸』では天秤仕掛でカワハギを釣る方も居られますが、自分達は三人ともカワハギ専用の胴突3本鈎で狙います。

エサは冷凍パックのアサリと船で配ってくれる青イソメを併用しました。

この日は大潮、船が大きく移動してしまい、風も強いのでピンポイントに船を留めておくのが難しいのでしょうか、早いテンポでの流し直しになってしまいます。

カワハギのアタリも少なく、スタート直ぐはあまり良い状況ではありません。

それでも3人で一番先にカワハギの顔を見たのは、船釣り初挑戦の松本君でした(笑)

 

それもダブルww!(笑)

だいぶ小型ですが…

それでも本命が釣れてひと安心…

それに続けと、自分も野津氏も穂先に集中します。

しかし、またまた釣ったのは松本君(笑)

良型です♪

えぇ?

どうやって釣ってんの?

初心者に釣り方を聞いてしまってます(笑)

しかし、次々に釣れてくる感じではなく、ポツリポツリといった感じ…

相変わらず早いテンポで船を流し直すような状況、自分も数匹のカワハギを釣りましたが小型です。

前回より小型が増えた感じですね…

この日の大潮、満潮の時刻が昼前に有ります。

満潮から干潮に変わる時間の折り返しの時間帯に潮が緩くなるので、この時間帯がチャンスと読んでたので、それまでは我慢の釣りと考えていたのである程度は想定内でした。

寒さと、揺れる船の上で約3時間ほどで3人とも数匹のカワハギを釣っていただけでしたがその時間帯に期待します。

13時くらいでしょうか…大きく船がポイント移動します。

その期待していた時間帯に入ってきたのでしょう、沖ノ島の西側までやってきました。

水深は30mくらい、着いて直ぐはまだ潮が大きく動いているようで流し直しを数回…

仕掛けを下ろしても反応が無かったのですが、しばらくすると船内で竿が曲がり出します。

チャンスタイムのようですね♪

野津氏も大きく竿を曲げています。

水面に姿を見せたのはカワハギではありませんでしたが…

カワハギの仲間のウマズラハギでした。

この時間帯は竿先に出るアタリもハッキリとわかるアタリも多くなってきて続けて野津氏が竿を曲げます。

今度は本命のカワハギ(笑)

それも良型です♪

自分もこの時間帯にカワハギを釣らせてもらいました。

大きなアタリが数度有って、合わせた瞬間や、掛かった後に大きく竿を叩いたと思ったらバレてしまい、仕掛けを上げてくると鈎が伸びていたりハリスが切れてしまっていたり…前回大きなカワハギを同じようにバラして気をつけていたにも関わらず、今回もまた5、6回ほどバラしてしまいました。

今回はこれくらいのサイズ…

25㎝ほどですかね…

これくらいのが最大でした。

終了時間の4時半までチャンスタイムが続くことはなく、結局自分は15匹のカワハギをキャッチ、野津氏はカワハギを9匹、船釣り初挑戦の松本君は少し船酔いになりかけながら後半まで何とか頑張って7匹のカワハギをキャッチしました。

初挑戦でこの状況の中、お見事です♪

加太の船カワハギ、まだしばらく楽しめそうですね…

しかし、水温が下がりだすと徐々に難しくなってくるのでキモがパンパンの良型カワハギを狙いに行くならお急ぎくださいねぇ~!

自分もあのバラしたカワハギ、もっかい狙いに行って来よかな…

ショップニュース一覧を見る