「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

ならてん 奈良店

ショップニュース

2019年6月15日その他・お知らせ

明石へ船タコに行ってきました。

明石の〝丸松乗合船〟へタコ釣りに行ってきました。

丸松乗合船の受付は5時開始で4時45分に到着すると沢山の釣り人が丸松さん超人気ですね~。

5時に受付を済ませ船へ乗り込みます。受付時に席の番号が書いた物を渡してくれるので、その番号に座って下さいね。

船の前に受付場所があります。

イスとタコを入れるバケツは1人1づつ用意しています。

全員が船に乗り込み準備ができたら出船です!

ハリミツの石塚様と釣行です。

今年の新色と写真を撮っているのですが、まだ入荷してないんですけど…。皆様入荷を楽しみにしてくださいね~。

港を出て2分!ポイントへ到着です! 

こんなポイントでタコ釣れるの?っと思っていましたが船中で1杯タコが上がりました(笑)

このポイントで15分ほど釣りポイント移動です。

明石沖で数流ししましたがタコの数が少なく淡路沖へ移動です。5月は明石沖で好調に上がっていましたが6月に入り群れが減り淡路沖方面の方がタコが上がっています。

ポイント移動して1流し船中の誰かにタコが乗るようになってきました。ただリリースサイズが多く掛かってもイイダコ?っと思えるようなサイズです。

石塚様がキッターっとラインを送りナイスなタイミングでフッキングさせています。

まだ市場に出回っていない『新色の蛸墨族』です!新色かなり期待できそうです!

私にもエギを引っ張っていくようなタコのアタリが!!即アワセ!そこそこの重量感で底から5mほど切ったところで最悪のハリ外れ…。NO~!!

石塚様に合わせが早いと突っ込まれ次のアタリは出来るだけ糸を送り待つことに!

ハイ! ミニタコ!エギより小さいので写真に写っているか心配でしたがカンナにゴミみたいに付いているのがタコです(笑)

まわりもミニタコ祭?リリースサイズのタコばかりです。でも1流しで500g~1kg強のタコが船中で1~3杯のペースで上がっています。

 

私と石塚様の両隣が1kgオーバーの良型のタコを釣り上げ、なんでここだけミニ??

っと思っていたら

私にアタリが!〝キター〟と叫び!今度は1m以上糸を送り乗ったのを確認して大きくアワセ!ありえない重量感だったので〝2kgオーバー〟と叫ぶとメチャメチャ注目されました(汗)皆様に注目されたまま、ゆっくりと上げてくると残り5mでまさかのバラシ・・・。

めちゃめちゃ恥ずかしいんですけど・・・(汗)

仕掛を上げるとカンナ1本が開いていました・・・。石塚様にまたアワセが早いと突っ込まれました。

なんと今回の釣行では良型を上げる事なく終了。くやし~い。

今回使用したタックルは『蛸墨族 エギ蛸ライト175』ハリミツさんからお借りした新作のロッドです!ティップの軟らかさと合わせた時のバットの硬さが絶妙で、とても使いやすいロッドでした!175cmの長さも絶妙で常にテップを振るタコ釣りには軽く楽に釣りが楽しめます。またイスに座りながら釣りをしていても175cmの長さなら船べりよりティップがそこそこ出ているので問題がありません。屋根付きの船でも取り込みが楽にできます。

これからが船タコ本番です!

明石のブランドタコ!皆様も一度チャレンジしてみて下さい!

ショップニュース一覧を見る