「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

ならてん 奈良店

ショップニュース

2018年10月12日その他・お知らせ

【大阪湾船タチウオ】今回は船釣初挑戦のお手伝いww!

今回は船釣初挑戦のお二人のお手伝いをさせて頂きました!

どうも、スタッフ松原です。

今回のレポートも船タチウオなんですが…今回は船釣初挑戦という清水夫妻お二人とご一緒しました。

清水さんご夫婦はお二人揃っての釣り好きで、泉南とっとパークに通われている当店のお客様です。

先月の当店のイベント、船釣教室『船タチウオ』が開催されたことを後から知って、船釣りを始めてみようかなって思っていたので、こんなイベントが有れば行きたかった…とおっしゃって頂きましたが、今の所同じようなイベントは予定されていません。

ご存知の通り(?)自分はちょくちょく大阪湾の船釣りに行っているので自分の行く予定の日に合わせて頂けたらご一緒できますよ?と提案させて頂くと、是非!!と即決(笑)

10月10日、毎度の泉南小島漁港『第二小島丸』の船着場で現地集合します。

午前5時前には乗船準備、乗船方法や料金の支払い方など説明しながら準備をします。

釣り座の竿受けをセット、竿に電動リール、仕掛の準備も完了!

6時前にいざ出船となりました。

先週はブログでも紹介させてもらいましたが小型ながらもタチウオが良く掛かったのですがこの日はタチウオのご機嫌がすぐれないのか、朝イチのアタリが頻発するゴールデンタイムでもアタりません…

ポイントは先週来たときの小島沖よりもさらに少し北寄りの浅いポイント、水深40mほどのところです。

自分は竿を出さずに初挑戦のお二人に誘い方、アタリが来た時の合わせ方を説明しますが肝心のアタリがなく困ってしまいます。

朝イチの良い時間帯にアタリを見極めてもらい、何匹かタチウオを掛けてもらって少しコツを掴んでもらって…と計算していましたがいきなりその計算が狂ってしまいました。

ほんとうにアタらないのか自分も仕掛を降ろしてみますが、確かにアタリが有りません…ほんの時々アタるのですが小さなアタリ、これでは船釣り初挑戦のお二人には難しすぎる展開です。

しばらくそんな時間帯が続きましたが、何ヶ所かポイントを小移動していると時々アタリだしました。

初めてのタチウオ釣りでいきなり掛け合せの釣りは難しいのでスロー巻きでゆっくり誘ってもらい、しっかり竿先が押さえ込まれるアタリを取っていってもらう釣りをしてもらいます。

アタリが出だしましたがなかなか食い込まずに掛けるのに苦戦します…これがタチウオ釣りの面白さでもありますが、とりあえず何とか1匹釣って欲しいのでお二人の竿先が入り込んでくれ!と横から願うばかり(笑)

願いが通じたか、奥さんの竿先が突っ込みます!

やった!!

慎重にやりとりされてましたね(笑)

念願の船釣りの獲物第一号を無事にキャッチしました♪

これで少しコツを掴んだか、奥さんはタチウオを掛けるペースが上がってきます。

ご主人はアタリが有るのになかなか掛からない!と苦戦しています(笑)

少し軟らかめの竿を使っている奥さんの方がゆっくり誘う釣りにタックルがマッチしたんでしょうね…それでもだんだんとコツが掴めたようで少しづつご主人もタチウオを掛けるようになります。

奥でご主人、タチウオ釣って嬉しそう…

ん?

手前の奥さんも魚掛けてんちゃう??(笑)

はい、お見事!!

仲良くダブルヒット!!でした♪

船釣りは始めてでも、釣りはずっとされてたとあって、すっかり電動リールの扱いにも慣れて、もうスムーズに釣りをされています。

最後までお二人ともコツコツと真面目に釣りをされ、2人で40匹近くタチウオをキャッチされました。

自分も竿を出しましたがこの日は18匹…初めてのお二人とほぼ変わらない釣果でした(汗)

今期は小型ばかりのタチウオですが、先週から比べるとほんの少し、ほんとうに気持ちですが少しマシな型になったかなと思える大きさでした。

少し新しいタチウオの群れに入ってきてもらって良型が混ざるような展開を期待したいですね…

それでも、始めての方が挑戦しても十分に楽しめるタチウオ釣り、シーズンはまだまだこれからです。

タックルや釣り方、船宿の情報など、気になる方は御気軽にスタッフに相談して下さいね!

もちろん、まだまだ行きますよ!

またレポートしますね♪

ショップニュース一覧を見る