「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

うぬまてん 鵜沼店

ショップニュース

2019年6月20日その他・お知らせ

2019 シマノ ジャパンカップ鮎 巴川大会参戦!

こんにちは!鮎担当 久米です!

 

616日(日)は週のスターズに続き、ジャパンカップ中部B(巴川)大会に参戦してきました!

※現場からの写真UPしました!

 

昨年までは板取川での開催で、巴川でのジャパンカップは今回初開催です!

 

巴川はシーズン中に23回ですが過去には何度も来ている川で、2016ームではいい思い出もあります!

 

チャンスあるかも?です!

 

下見はできませんでしたが、情報はバッチリ収集しました!

 

AM3時に起床、高速~グリーンロードを走り岐阜から1時間半で、大会本部のスケートセンター跡地に4時半到着です!

 

睡眠は2時間弱ですが、期待感半分でオトリ配布順の抽選です。

 

封筒を1枚選び、引いた番号は105番!!

 

聞いていた参加者数からすると、ほぼ最後尾だと思われます・・・

 

しかし!過去に最後尾から2番目の予選でトップ通過の経験もあります!!

 

大丈夫!!自分に言い聞かせ、平静を装います(笑)

 

オトリを受け取り上流へ、入れるかどうかわかりませんが、目指すは香嵐渓内!

 

後ろには10人ほどの選手しかおらず、ほぼ9割が上流に入ったと思います・・・

 

紅葉で有名な待月橋を渡り、さらに上流へ・・・

 

足助屋敷を過ぎてからも、見る限りでは選手が等間隔で入っています(汗)

 

これ以上時間をかけて入れなかった時のことを考えて下流にUターン(笑)

 

待月橋の真下しか空いていませんが、迷わず入ります!

 

なぜなら・・・

今回は予選から80です!

小場所のピンポイントを狙い打つ作戦で、シマノ プロセレクトFW80を選択しました!

 

こんな感じで今年のジャパンカップが630スタートの合図で始まりました!

 

ポイント的には渓流相で大岩に囲まれたタナが続きます・・・

 

対岸側のタルミには群れがいるようで糸に当りますが、掛かる気配はありません・・・

 

下のタナに落ちる手前の小さな瀬肩の流芯で、オトリを止めて待ちます・・・

 

開始から約15分で、16cmぐらいのまずまずの魚が掛かりました!

 

その後下流の選手が30分で3つ掛けていますが12cmほどと小さそうなので、

ポイント的にはこちらが有利か?

 

しかし!

 

掛かりません(汗)

 

釣り下りながら石色の良さそうなところにオトリを入れていきますが、無反応の時間が続きます・・・

 

残り30分、朝から曇りの天気で少し晴れ間がのぞいた時にようやく2匹目!

続いてすぐに3匹目!

 

まだチャンスはあるぞ!!

 

流芯を横切り対岸側 流れのキワに入ったオトリは・・・

 

根掛かり発生(汗)

 

水深の浅い下流側に1人選手がおり、対岸に渡れないので仕掛を切ります(泣)

 

この時点で終了まで10分を切っていますが、仕掛を張替えオトリを放ちます!

 

 

 しかしドラマは起こらずタイムオーバー、

9:30本部帰着に間に合うように竿をしまい、込み4で終了です。

 

写真は予選で入れ掛かりの選手!!

 

その後2回戦をしっかり見学して

前週のマターズに続き優勝の伊東選手を祝福し、帰路に着きました!

 

次戦はジャパンカップ中C白川大会にエントリーしているので、頑張りたいと思います!!

 

2019シマノ・ジャパンカップ 中部B大会(巴川)の大会結果はこちらから・・・

 

スタッフ鮎情報はこちら・・・

ショップニュース一覧を見る