「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

かすかべてん 春日部店

ショップニュース

2017年8月22日その他・お知らせ

ダイワNEWへら竿【龍聖.E】試釣会参加させて頂きました!

へら鮒釣りファンの皆様へ

この秋、新発売されるダイワのNEWへら竿【龍聖.E】の試釣会に参加させて頂きました。今回は、皆様にその時の様子をお届けさせて頂きたいと思います。

釣り場は幸手市営釣り場【神扇池】。当店ブログをご覧頂いている方には、既におなじみの釣り場かと思います。私もよく通う釣り場で、この池はタナ規定がないので、カッツケ~タナ40cm位を両ダンゴで狙ってみました。

実は、このタナを狙うのは今回2つの理由がありました。1つは、新製品の【龍聖.E】の振り調子やへら鮒が掛かった際の動き(使いやすさ)を確かめたかったからです。2つ目はカッツケは良型が揃う傾向にある為、そのコンディションの良いへら鮒を狙いたかったからです。

浅いタナの釣りでも、カッツケ釣りは特に竿の性能が重要です。竿全体のバランスが悪いと遠くまで仕掛けが飛ばなかったり、ハリス切れを多発したり、バラシが多くなったりしてしまう為、今回【龍聖.E】がどこまでの性能を発揮するかを確かめてみたいと思いました。

~当日のセッティング~

竿…9尺(龍聖.E)

道糸…0.8号(オーナーばり 白の道糸)

ハリス…上下0.4号(サンライン 奏)上20~30cm 下28cm~40cm

浮子…旭舟 拓PCムクNo2(ボディ5cm PCムクトップ)、炎No1(ボディ4.5cm、パイプトップ)など

エサ…両ダンゴ 浅ダナ一本200cc+水200cc+ガッテン200cc+凄麩200cc+バラケマッハ200cc 調整は、マッハをパラパラと追い足し。

釣況としては、朝アタリ出し遅め、9時頃から良い感じに浮子が動き始めるといった状況で、ダンゴエサはボソ感を効かせた(マッハをブレンド)ものが良かったように思います。へら鮒の型は、やはり狙い通りで、浮子~オモリ間が30cmくらいのタナが重量のある良型が多かったです。

さて、それではここで肝心のNEWへら竿【龍聖.E】を使用させて頂いた感想です。

まずは、外観。

鶯色の笛巻きのデザイン

鶯色の笛巻きデザインに、黒の口巻きです。今まで歴代の【龍聖】を継承しているデザインで、落ち着きがあり、高級感も漂う外観です。

握りは『新感触へらグリップ』を採用。

握り部は『新感触へらグリップ』を採用し、軽く握っただけでフィット感がとても良いです。すべりにくくゴツゴツした硬さがないので、手の平が痛くならず快適です。また、エサが付着しても、拭くだけでサッとエサが落ちますので、いつまでもキレイなグリップ部を保つ事が出来ます。

そして、肝心の竿の調子ですが、9尺の竿はやや硬めの先から本調子の間くらいの曲がり方でした。振り込み時は、シュっと切れ感が良く、チューブラ穂先でもかなり細いものを採用している事を感じます。カッツケ釣りで遠くに仕掛けを投入しないといけない状況下ですが、狙った所にキッチリと仕掛けを落とせる性能は、さすがに今時のNEWロッドだけの事はあります。

合わせた瞬間ですが、これも細身の穂先の恩恵を受けており、非常にキレのある合わせが決まります。カッツケ釣りの合わせはとにかくソフトに合わせるのがキモです。アタリに対して、『ガツン!』とカウンター気味に合わせが入ってしまうと、へら鮒が急走りをして、竿を伸され、ハリスを切られてしまいます。しかし、この【龍聖.E】9尺は『素早く、軽いソフトな合わせ』が決まります。ですから、へら鮒も急に暴れる事なくスッと止まります。

そして、この竿のスゴイところはココからです。喰いっ走りを止めたへら鮒をフワッと水面上に浮かせる事が出来ます。これは、竿のパワーがしっかりと効いているからでしょう。そして、一度水面に顔を出したへら鮒はラクにいなす事が出来ますので、結果的に非常にスムーズな取り込みが可能となります。

このように何か良いことばかりを書いているようで、恐縮ですが…決してメーカーの回し者ではありませんので(笑)

しかし、今作の【龍聖.E】は竿の振り調子、掛け調子、引っ張り性能とバランスよく高い次元で完成されています。

発売は10月を予定しております。皆様是非ご検討下さいませ。詳細は当店へら鮒担当スタッフまでお気軽に御問い合わせ下さい。

只今、店頭にてご予約を承っております。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

ショップニュース一覧を見る