「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

たかさきてん 高崎店

ショップニュース

2017年11月8日その他・お知らせ

鮎川湖に行ってきました。

久しぶりに鮎川湖に行ってきました。現地到着は午前11時。事務所側のメイン桟橋はワカサギ釣りの方が20数名ほど入っており、ボートも20艇ほど出ており解禁直後だけあって賑わっている様子。111日のワカサギ解禁以後は東桟橋がヘラブナのメイン釣り場となるので料金を事務所で支払い東桟橋に向かう。桟橋上の階段から東桟橋を見ると平日でも結構人が多い。桟橋入口すぐそばの釣り座が空いていたので陸側を向いて午前11時25分から12尺の両グルの沖底でスタート。先釣の方を見ると時期的にも底釣りの方が多く、この時期でも気温が高いのが影響してかヘラブナが表層にわいていて、カラツンに悩まされている様子。確かにエサ打ちを始めると20投位でウキの周りにうっすらとヘラブナが見えて着底の途中でアタリが出てしまう状況。エサ落ち目盛を通過してから強い触りを送って小さく鋭いアタリを狙っていくとテンポ良くコンスタントに釣れて開始1時間で11枚と良いペース。この後フワフワしてなかなか当たらない状況に。おそらくワカサギの触りで、少し悩まされましたが、タナを少し深くズラしていくとまた決まり出し2時間で25枚とペースUP。この調子なら終了の午後3時まで40枚位いくかなと思いましたが、この後アタリも少し減ってしまい失速、釣果は36枚でした。早いアタリを送って小さく鋭いアタリを狙っていったのが良かったのか釣れたヘラブナは28~36cmと型も揃い短時間の釣りとしては底釣りで棚も深いので力強い引きを楽しみました。桟橋のすぐ前を結構いい型(7cm~10cm位)のワカサギの群れが頻繁に回遊しており、湖全体で魚影も濃い様なのでこれからワカサギも楽しめそうです。現時点でもヘラは釣れているので、新べラの放流が更に楽しみです。

※東桟橋はヘラブナ専用釣り場です。ワカサギ釣りは出来ません。

ショップニュース一覧を見る