「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

いまばりてん 今治店

ショップニュース

2017年10月13日その他・お知らせ

店長金澤の釣行レポート(松山ライトテンヤタチウオ編その2)

愛媛・今治の釣具店「上州屋今治店」店長金澤です。

 

 

1011日(水)小潮 松山ニライカナイさん

 

http://www.niraikanai.net/

 

にて、シマノ「サーベルマスタードラゴン」を使用した

 

 

「ライトテンヤタチウオ」釣行に再度チャレンジしてきました。

 

 

先月の初釣行

http://www.johshuya.co.jp/shop/detail.php?s=200&no=52544

 

にてこの釣りを体感しましたが、その面白さはクセになりそう!

 

たまらず今回の釣行となりました。

 

 

先日発売された名光通信社「鬼噛み!タチウオゲーム シーズン8 DVD BOX」収録のイカ先生(富所潤氏)のライトテンヤ動画で予習もバッチリ!気合も充分!!

ニライカナイ大林船長に前日電話すると「本日、釣果は厳しい状況でした…」とのこと。※「ライトテンヤタチウオ」は新しい釣法です。遊漁船などは必ず船長の許可を得てから使用することが大切です。

 

さて、どうなるのか…!?

えさはサンマ(トルネードさんま)をキッチンばさみでカットして使用。

こんな感じで「サーベルマスタードラゴン」テンヤにまっすぐになるようにセッティングします。

 

 

 

 

 

また、今回はロッドを新調して、シマノのティップエギング用ロッド

「セフィアSS ティップエギングS700ML-S」を準備しました。

 

勿論、深い棚用にベイトタックル(こちらはタイラバ用タックルを流用※前回同様タックル)も準備」していきます。

 

ライトタックル(タイラバ・メタルスッテ・一つテンヤ・ティップエギングタックル流用可)使用で、掛かったときのやり取り等、掛けるまでのプロセスが面白いのがこの釣りの魅力でもあります。

 

 

 

 

 

 

7時出船、

まずは通称本線航路“ 松山・興居島周辺を探ります。

一流し、二流しするもアタリ無し…

 

 

むむっ、これはどうやら本日も厳しいようです。

 

 

船長は周辺をくまなくポイントを探っていきます(魚探の反応もバッチリ出ている!)が、なかなか喰ってくれない状況…。

 

 

 

ようやく来たアタリ!

 

 

 

デカイか?

 

しかし「フッ…」と軽くなり…

どして~?

ええっ?デカかった?ハリ元からやられてました…

 

 

 

その後も「アシストフックまるごと外れ(泣)」などせっかくのチャンスを活かしきれない状態続きます…

 

 

 

 

11時ごろ大きくポイントは広島寄りへ移動。

ここは船団がまずまずかたまるポイントです。

 

 

 

 

 

 

これはもう一発狙いに変更!

アピール重視で魚に目立つようにヘッドに独自に色を塗った(チャートリュース:明るい黄色)ものに、えさのサンマももう一切れハリにつけて臨みます!(デカイえさにはデカイのが来る?)

 

 

これできてくれドラゴン級!

 

 

 

水深は100m超ですがあえてスピニングタックル。

 

 

ロッドを小刻みにしゃくり、ひとシャクリにハンドル1/4回転ほど回しながら誘いをかけていきます。

 

 

これで反応があれば細かい「コン!」(←ひとまずエサにアタック)とか「もぞっ…」(←何かさわっている感じ?)と前アタリがありそこから更に誘いをかけてロッドを押さえ込む本アタリに持っていくのがこの釣りの醍醐味!

 

 

 

 

 

ところが来ました

 

 

 

 

イキナリ ドーーンと押さえ込むアタリ!

 

 

 

アワセ入れる間も無く止まった感…ひとまず追い合わせを軽く…

 

 

 

「これはデカイすか?」

 

 

巻き始めようとするとドラグが…!

 

 

ラインも細い(この日は0.6PE使用)ので無理できません!

 

 

 

スピニングタックルでのやり取りこれはたまりません!

 

引くときは無理せず、巻けるときにいっとくそんな感じで…

 

 

見えました!!

 

デカそうです。

 

ロッドでの引き上げは無理なサイズ、ラインを手繰って船中へ!

船長公認頂きました。メタボな1本。

腹周り(何喰ってこんなになるんでしょうか?)で自分の指で7本ほどありました。

 

 

 

 

 

この後、スピニングタックル中心に釣りましたが、全部で5尾。

 

棚やベストなシャクリのリズムなど探りながら釣っていきましたので、時間が過ぎるのも早く感じました。また厳しい状況下、あいにく数は出ませんでしたが、念願の1尾も出て楽しい釣りとなりました。

 

 

 

お世話になりましたニライカナイ大林船長ありがとうございました。

 

 

 

これからタチウオもより盛期を迎えます。

 

 

 

新機軸の「ライトテンヤタチウオ」。是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

くれぐれも新しい釣法ですので遊漁船などは必ず船長の許可を得てから使用することが大切です。乗船予約時に各遊漁船船長にご確認の上使用してください。

 

 

 

 

当店では只今、「ライトテンヤタチウオ」特設コーナー展開中!

専用ロッドから必要アイテムまで各種取り揃えております。

 

是非、ご来店ください。

ショップニュース一覧を見る