「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

ながはまてん 長浜店

ショップニュース

2018年7月11日その他・お知らせ

激渋マイカをオモリグで攻略!

こんにちわ。スタッフの片岡です。

今回は、敦賀「泰丸」さんにお世話になり、イカメタルで釣行しました。

当日は、潮も速く、雨の影響で水潮になっており、渋い状況。

通りすがりのイカを拾っていくような感じでした。

そんな渋い中で活躍したのが、2.5号のエギを使用した「オモリグ」

仕掛はこんな感じです。

中オモリでリーダーを1m程度とってあるので、エギを自然にアピールできます。

使用タックルはスピニング。ロッドは専用ロッド、イカメタルロッドの他、ティップランロッドでも流用できます。アオリイカシーズンまで眠ってしまうティップランロッドをお持ちなら、是非、チャレンジしてみてください。

おすすめのエギは、ハリミツ「墨族 ツツイカSPカラー」

投入前には光にかざして、夜光をアピールしてください。

さて、当日明るいうちは底のデカマイカをねらっていましたが、反応なし。

電気がつき、底からシャクリ上げてくると50m付近で穂先が入る明確なあたり!

上がってきたのは、良型のスルメイカ

次に50mからシャクリ上げていると20m付近でシャクった時にドスンと重みのあるアタリ!

待望のマイカをゲット!

その後も20m付近で粘っているとベイト感度が入るとポツポツアタリがある感じ。

胴突きのお客様に聞くとタナはバラバラということで、メタルでは、一定の水深で粘っている方が、数が伸びるように思います。

メタルでは、ダイワ「イカメタルスッテTG」の新色「リフレクト夜光」が活躍!

反射布素材と夜光ボディが渋いイカに効果的!

乗りが渋い時には、フォルムの小さいタングステンが効果的です。

ドロッパーのヒットカラーは様々でした。

2ハイ釣れたらアタリがなくなりますので、カラーローテーションをするとまたアタリがでます。

当日は、ピンク系、チャート系、赤白、赤緑のローテーションでポツポツ、イカをひろうことができました。

オモリグでの釣り方やおすすめのスッテ、ドロッパーなど詳しくは、スタッフまでお気軽にお問合せください。

ショップニュース一覧を見る