「釣り人と共に」がモットー。釣り人あるところに「上州屋」あり。

  • 採用情報
  • 会社案内
  • 東京都内店指南
  • Shop lists in English

おおさかいばらきてん 大阪茨木店

ショップニュース

2017年4月17日その他・お知らせ

スタッフ丸山、ぶらっと釣行記、京都府宮津丹後半島の船の高級根魚釣り編!

毎度当店をご利用いただきまして有難うございます。415日(土)に京都府宮津里波港より出船の一心丸さん利用で丹後半島の高級根魚を狙いに釣行してきましたのでご案内させて頂きます。

 

天候も風が強く、波も高めで、潮流も速く難しい釣況でしたが、なんとか美味しい魚がゲット出来ました。

釣果(色々な美味しい根魚をゲット)と使用仕掛け!

釣果(色々な美味しい根魚をゲット)と使用仕掛け!

厳しい釣況の中でも、美味しい根魚が色々ゲット出来ました。これも釣れるポイントへ案内して頂いた一心丸さんのおかげです。物腰の柔らかい頼りになる船頭さんです。

 

■釣果

・ソイ:37cm、ホウボウ:35cm、アコウ:26cm、金メバル:17cm、沖メバル:23cmを各1匹。

・ガシラ:18~25cmを7匹。

 

ホウボウはお造りで、アコウは煮付で美味しく頂きました!

小型のアコウでしたので煮付にしました。良型でしたら、お造りが美味しいです。ホウボウは身がしまっていて、お造りするとこりこりと歯ごたえ抜群で美味しいです。あっさりとした上品な味です。

 

丹後半島の先端の経ヶ岬!

■最近の釣況

丹後半島沖では潮の流れが速く、釣り難い釣況。3月には良く釣れていた金メバル、磯メバル等も食いがが悪くなっているそうです。そのかわり、良型のアコウ、ソイ、ガシラの釣果が出ていて好釣果の日も。日ムラは有りますが、釣りにはつき物でしょうがないです。出たとこ勝負です。

朝一のポイントの中浜沖!

  • 当日の釣況と釣り方のプロセス!

    天気予報では南、西風が強く、波の高さが1.5mのち2m。朝一が勝負と判断。(メインポイントの丹後半島から西側の各ポイントへ行けるかが心配であった。)メインポイントの中浜沖へは行けました。

     

     

     

  • 朝一のポイントの中浜沖(里波港から約1時間)!

    水深50mライン。仕掛けはハヤブサのTKIKUCE2 日本海 ヒラメ アコウ 胴突2本鈎 6-5でスタート。 エサは活カタクチイワシ。(用意された物の中から大きいのを選んで使用)

    まずは、底付近を探る。底を取り仕掛けを50cm1mくらい上げて様子見。錘が時々底をたたく。しかし根掛かりはなさそうなので、このラインを狙ってみた。すると、2流し目に沖メバルをゲット。その後すぐに金メバルをゲット。

    そこで、メバルが狙えると考え、サビキ仕掛けにチェンジ。仕掛けはハヤブサさんのSD724 船極メバル・アジ ロングシラスカットの8-1.5。すると、すぐにアタリが有り、メバルと判断し追い食いを狙う。すると、上手く追い食いさせる事が出来、3匹は掛かっている感じ。しかし、同船者の方とオマツリ。仕掛けが絡んでしまい、私の仕掛けは細いのですぐに切れてしまった。残念ながら魚をバラシ。

     

    次の流しで、もう一度、サビキ仕掛でチャレンジ。一番下の鈎にはカタクチイワシをつける。するとまた、すぐにアタリ、今度も追い食いを狙い上手く食わせた。しかし、また、同船者の方とオマツリ。今度は複数の方とのお祭りで、残念ながら魚をバラシ。

     

    そこで、サビキ仕掛けからもとの胴突仕掛けに戻す。すると、ソイをまずゲット。その後にホウボウをゲット。なんとか、美味しいお土産がゲットでき一安心。しかし、潮が速く、根もそこそこ荒いのか船中根掛かりや、仕掛けカラミが多く、難しい釣況。アタリも少なくなった。喰いも今ひとつ。天候も風が強く、波も高め。そこで船頭さんもこのポイントで粘っていたがポイント移動を決断。

移動したポイントは湾内の里波港沖周辺!

  • 次のポイントは、湾内の里波港沖の周辺。

    水深は40~50mライン。仕掛けはハリミツのC107 根魚パラダイス 15-5でスタート。

    根が荒そうである。着底後すぐオモリが引っ掛かりそうである。そこで仕掛けを1m~1.5mくらい上げて狙う。オモリがまた底をたたくとすぐに仕掛けを上げ根掛かりを防ぐ。するとアタリが有り、小型のガシラをゲット。エサはカタクチイワシを使用。次も同じ要領で釣る。すぐにアタリが出せ、今度は小型のアコウをゲット。ここで、サイズアップを狙いエサを小アジにする。するといちだんと大きなアタリが出る。しかし痛恨の根掛かりで、仕掛けごとロスト。

     

    船中ではここで、良型のアコウ、ガシラが上がる。私も、粘り強く頑張ってみる。しかし、良型のガシラ、アコウは残念ながらゲット出来ず。小型のガシラのみ。ポイントを少しずつ移動しながら浅場の水深30mラインも流す。しかし期待していた釣果を獲ることは出来ずに終了の時間が来てしまった。この日は、潮の流れが速く、根掛かりや、同船者の方との仕掛けカラミが多く釣り難い釣況であった。

     

    しかし、家で食べる分には十分なお土産はゲット出来。ロケーション抜群の中で活エサの泳がせでの根魚釣りが楽しめました。シーズンは始まったばかり、好釣果は次に期待して次の釣行を計画したいと思います。

     

    皆様も楽しい釣りが出来、美味しい高級根魚が狙える当地に釣行されて見ては如何でしょうか。

     

    当店では当地で有効なタックルを展開中です、皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしています。

当日のメインタックルの竿とリール!

  • 当日のメインタック

  • 竿

  • グローブライド(ダイワ):A-ブリッツ タチウオ MH235

  • シマノ:ライトゲームSS モデラート タイプ73 H225

  • リール

    ・シマノ:フォースマスター800

    ■ライン

    ・ゴーセン:メーターポイント船 レジェンダリー PE船3号の300

     

  • 使用仕掛け

  • ハリミツ:C-107 根魚パラダイス 15-5、C-8 ヒラメ・アコウ 6-5C18 丹後半島 誘いヒラメ 17-5

  • ハヤブサ:TKIKUCE2 日本海 ヒラメ、アコウ 6-5

釣船で用意の活エサ!(イケスで生かしています)

  • 使用エサ

  • 釣船で用意の活カタクチイワシ、活小アジ等。

大型船でゆったりとした釣り座で釣り易い、一心丸さん!

  • 釣船ご案内

    ・一心丸さん

    出船場所:京都府宮津市里波港

    四季を通じて丹後半島の美味しい根魚を中心に狙う釣船です。物腰の柔らかい船頭さんと奥さんが出迎えてくれます。ベテランの船頭さんが釣れるポイントへ案内してくれて、楽しい釣りが出来ます。大型船で、釣り座もゆったり、キャビン(空調有り)、トイレも完備のお勧めの釣船です。

    ・乗船システム:電話での予約制。

    ・釣り座の決め方:釣船に先着順(希望の釣り座にタックル(ロッドキーパー、クーラーボックス等)をセット。または、船頭さんの裁量にて。

     

    TEL:0772-28-0476090-7552-6458

  • 交通:舞鶴若狭自動車道より京都縦貫道を経由して宮津天橋立ICを降りて宮津市内へ。178号線を左折し伊根方面へ。後は178号線を道なりに車を走らせ里波港へ。

     

  • 出船時間:530分~600分(815日まで)

     

  • 帰港時間:1400分~1430(生エサ獲りの時間で前後)

     

※時間は季節、その日の段取り等で変更になります。予約時に船頭さんに要確認。

ショップニュース一覧を見る